メインメニューを開く

伊東 祐民(いとう すけたみ)は、江戸時代後期の大名日向国飫肥藩の第11代藩主

 
伊東祐民
時代 江戸時代後期
生誕 寛政4年2月22日1792年3月14日
死没 文化9年6月29日1812年8月6日
戒名 泰梁院通峯玄津
官位 従五位下修理大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐鐘、母:稲葉弘通
兄弟 祐民祐丕
正室浅野重晟の娘
祐相(長男)
養子;祐丕
テンプレートを表示

第10代主・伊東祐鐘の長男として誕生。寛政10年(1798年)、父の死去により家督を継ぐ。植木方の野中金右衛門が取り組んだ飫肥杉の植林指導が功をなし、飫肥藩の財政を立て直した。また、学問所を設置して学問の奨励を行い、この時代に安井息軒の父親が学んでいる。

文化9年(1812年)6月29日、21歳で死去。嗣子が無く(子・祐相は死後に生まれた)、弟・祐丕が家督を継いだ。