メインメニューを開く

伊東 祐鐘(いとう すけあつ)は、江戸時代後期の大名。日向国飫肥藩の第10代藩主

 
伊東祐鐘
時代 江戸時代後期
生誕 明和9年4月9日1772年5月11日
死没 寛政10年2月14日1798年3月30日
官位 従五位下左京亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐福、母:中川久貞娘・貞
兄弟 祐鐘祐甫
正室稲葉弘通の娘
祐民(長男)、祐丕(次男)
テンプレートを表示

第9代主・伊東祐福長男として江戸にて生まれた。天明元年(1781年)、父の死去により跡を継いだ。藩政改革に着手し「杉方部一法」という山林・植林制度を確立した。天明の大飢饉による農民救済と財政再建のため、寛政元年(1789年)、植木方の石那田実右衛門により大規模な植林が行われ、その収益を救民に充てた。

寛政10年(1798年)2月14日、27歳で死去。家督は長男・祐民が継いだ。