メインメニューを開く

伊藤 伊那男(いとう いなお 1949年 - )は、長野県伊那地方の出身の俳人。出身地をそのまま俳号にした。本名正徳。

人物編集

長野県駒ヶ根市生まれ。長野県伊那北高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。野村證券オリックス勤務、金融会社経営を経て、53歳で脱サラ神田神保町で、「銀漢亭」という居酒屋を経営[1]。俳句は取引先の職場句会をきっかけにはじめ、1982年、「春耕」に入会、皆川盤水に師事。1990年春耕賞受賞。1998年、句集『銀漢』により第22回俳人協会新人賞。2011年、「春耕」の僚誌として「銀漢」を創刊・主宰。2018年、句集『然々』により第58回俳人協会賞。句集に『銀漢』『知名なほ』。

著書編集

  • 『句集 知命なほ 角川21世紀俳句叢書』2009年 角川学芸出版
  • 『角川俳句ライブラリー 漂泊の俳人 井上井月 』2014年 角川学芸出版
  • 『銀漢亭こぼれ噺ーそして京都』発行北辰社 発売星雲社 2017年
  • 『句集 然々』北辰社 2018年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 銀漢亭こぼれ噺―そして京都” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア. 2018年5月10日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集