伊藤 斗福(いとう ますとみ、朝鮮名:丁斗福、1915年3月30日 - 没年不明)は昭和時代の経営者保全経済会理事長。

保全経済会の休業を宣言する伊藤斗福(中央の白い椅子に座っている人物)

経歴編集

1915年日本統治時代の朝鮮・釜山で生まれる。12歳の時に家族と東京へ移り住む。その後、カバン職人の店に奉公し、1936年に独立し店を持ち高級カバンを作り売り出した。しかし、戦時経済体制が進み、「奢侈品禁止令」が出たため店は廃業に追い込まれた。廃業後は富国徴兵保険の外交員になった。この間1940年に伊藤家の養子になり朝鮮籍から日本籍へ変えた[1]。戦後の1948年匿名組合「保全経済会」を設立する。保全経済会は高配当をうたい文句に投資を行ったが、経営基盤は脆弱だった。しかし、朝鮮戦争による特需景気で株価は急騰したため業績が伸びた。1953年スターリン暴落で株価は急落、保全経済会は経営に行き詰まり、10月に休業に追い込まれた。翌年1月伊藤は詐欺容疑で逮捕された。その後起訴され、懲役10年の刑が確定した。保全経済会は政治家を顧問に迎えていたため、顧問の平野力三国会証人喚問を受けた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 「日本人名大辞典」

参考文献編集

  • 「日本人名大辞典」講談社
  • 佐野眞一『畸人巡礼怪人礼讃 新忘れられた日本人2』(2010年7月、毎日新聞社)