メインメニューを開く

伊達 峯宗(だて みねむね、生没年不詳)は、久保田藩士で同藩の家老国分氏の後身の秋田伊達氏6代目当主。父は伊達処宗(備前)。通称は外記[1]、備前。妻は久保田藩士の古内左惣怡の娘。子息は伊達敦宗伊達敦重の2男。

代々の秋田伊達氏当主と同様、藩主佐竹義峯より偏諱を拝領する。藩主佐竹義敦の命により家老となる。

脚注編集

  1. ^ 秋田武鑑の古内家系図に「伊達外記峯宗室」の記述がある。

参考文献編集

  • 三浦賢童編「秋田武鑑 全」(無明堂出版、1981年初版、原著は「久保田家中分限帳」の著者)