伊達 村盛(だて むらもり)は、江戸時代中期の武士陸奥国仙台藩一門第四席涌谷伊達家6代(亘理氏24代)当主。

 
伊達村盛
時代 江戸時代中期
生誕 正徳5年6月15日1715年7月15日
死没 享保21年3月13日1736年4月23日
改名 村重(初名)、村盛
別名 三郎、安芸
戒名 泰陽院春巌慈光大居士
墓所 宮城県遠田郡涌谷町見龍寺
主君 伊達吉村
陸奥仙台藩
氏族 涌谷伊達氏
父母 伊達村定泉田虎時
兄弟 涼、愛、村盛村胤、園
中村成義
順姫
村胤
テンプレートを表示

略歴編集

正徳5年(1715年)、伊達村定の子として誕生。享保2年(1717年1月24日、父に伴われて仙台藩5代藩主・伊達吉村に謁見する。

享保4年(1719年2月25日、母(泉田虎時の娘)が病死する。享保8年(1723年12月15日、父が没すると家督を継ぐが、まだ9歳ということもあり、仙台藩より目付が政務を代行する。享保9年(1724年10月7日元服のため伊達吉村に謁見し、偏諱を受けて村重(むらしげ)と改め、安芸を称する。しかし同年12月18日、名を村盛と改めた。享保16年(1731年8月28日中村成義の娘を妻に迎えて、一女をもうける。

享保21年(1736年)3月13日、死去。享年22。

系譜編集

偏諱を受けた人物編集

村盛時代

関連項目編集

仙台藩の家格

先代:
伊達村定
涌谷伊達家(亘理氏)
6代(24代):1723 - 1736
次代:
伊達村胤