メインメニューを開く

伊達 邦賢(だて くにかた)は、幕末仙台藩一門第九席・川崎伊達家第7代当主。

 
伊達 邦賢
時代 幕末
生誕 天保8年(1837年
死没 明治14年(1881年12月3日
別名 藤松、主殿(通称)、直躬
主君 伊達慶邦
仙台藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達邦和
子:基煕煕信

生涯編集

天保8年(1837年)、川崎伊達家第7代当主・伊達邦和の嫡男として生まれる。

天保14年(1843年)閏9月、父・邦和の死去により、家督と知行2000石を相続し、陸奥国柴田郡川崎邑主となる。藩主伊達慶邦偏諱を受け主殿邦賢と名乗った。

慶応2年(1867年)4月、1000石の加増を受け知行3000石となる。慶応4年(1868年)の戊辰戦争における仙台本藩の敗戦により、先祖代々の知行地・川崎領を没収される。

明治10年(1877年)、西南戦争の際に、息子の基煕、煕信と旧臣5人を率いて徴募に応じ、大隊の指揮を執って戦う。戦後は東京に移住し、伊達伯爵家(旧藩主家)や警視庁剣道師範を務めた。

明治14年(1881年)12月3日東京で死去。享年45。

参考文献編集

  • 『仙台人名大辞書』
  • 『柴田郡誌』
先代:
伊達邦和
川崎伊達家
第7代: -
次代: