メインメニューを開く

伊達 邦和(だて くにより)は、江戸時代後期の仙台藩一門第九席・川崎伊達家第6代当主。

 
伊達邦和
時代 江戸時代
生誕 文化12年(1815年
死没 天保14年閏9月19日1843年11月10日
別名 織部(通称
墓所 龍雲寺宮城県柴田郡川崎町
主君 伊達斉邦慶邦
仙台藩
氏族 伊達氏
父母 父:伊達宗秩、養父:伊達宗和
正室:伊達宗和の娘
子:邦賢
テンプレートを表示

生涯編集

文化8年(1811年)、岩出山伊達家第8代当主・伊達宗秩の三男として生まれる。

叔父の川崎伊達家第5代当主・伊達宗和の婿養子となり、家督と知行2000石を相続し、陸奥国柴田郡川崎邑主となる。藩主伊達斉邦偏諱を受け織部邦和と名乗った。

天保14年(1843年)閏9月19日死去。享年33。家督は嫡男の邦賢が相続した。

参考文献編集

  • 『仙台人名大辞書』
先代:
伊達宗和
川崎伊達家
第6代: -
次代:
伊達邦賢