伊集院 忠倉(いじゅういん ただあお、生没年不詳)は、戦国時代武将島津氏の家臣。掃部助。大和守。道号は孝庵。伊集院忠朗の子。

略歴

編集

島津貴久に仕え、薩摩国における国人の統制などで活躍した。天文18年(1549年)には樺山氏北原氏を和睦させ、同年の黒川崎の戦いでは父・忠朗と共に出陣して、暴風に乗じた奇襲策で肝付兼演を破り、降伏させている。

これらの功績により、弘治4年/永禄元年(1558年)からは島津氏の筆頭家老を務めることとなった。

系譜

編集