島津氏

日本の氏族

島津氏(しまづし)は、武家華族だった日本氏族鎌倉時代から江戸時代まで薩摩を領し、維新後公爵家となった薩摩島津氏が最も有名だが、他にも多数の分家[注釈 1]がある。本項は主に、薩摩島津氏を本流とした記述である。通字に「」「[注釈 2]。また、公式文章の面では「嶋津氏」の表記を用いられてきた。

島津氏
家紋
丸に十文字まる に じゅうもんじ
本姓 惟宗忌寸流朝臣清和源氏頼朝流
家祖 島津忠久
種別 武家
華族公爵
主な根拠地
著名な人物 島津久経
島津義久
島津義弘
島津斉彬
島津久光
島津忠義
支流、分家 伊集院氏
北郷氏
新納氏
川上氏
桂氏
佐多氏
迫水氏
樺山氏
山田氏
喜入氏
野々山氏
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

島津家の家祖島津忠久近衛家領島津荘の下司職に任じられたのに始まり、鎌倉幕府成立後には源頼朝より薩摩国大隅国日向国の3国の他、初期には越前国守護にも任じられ、鎌倉幕府有力御家人の中でも異例の4ヶ国を有する守護職に任じられて以降、島津氏は南九州の氏族として守護から守護大名、さらには戦国大名へと発展を遂げ、その全盛期には九州のほぼ全土を制圧するに至った。1587年豊臣秀吉に降伏したが、3ヵ国の旧領は安堵された[2]

関ヶ原の戦いで西軍に属して敗戦したが、領地を安堵されて江戸時代には77万石という外様大名屈指の雄藩となる。幕末には長州藩毛利家とともに討幕運動の中心勢力となり、明治維新の原動力となった。明治時代大正時代には政財界に重きをなした[2]。島津家は本家、分家、旧支藩藩主家や旧一門家臣など14家が華族に列しており(公爵家2家、伯爵家1家、男爵家11家)、この数は松平家(28家)に次ぐ[3]

この薩摩島津氏の他、越前、信濃駿河若狭播磨近江に支流としての島津氏が派生し、それぞれ越前島津氏信濃島津氏河州島津氏若狭島津氏播磨島津氏江州島津氏と呼ばれている。

出自・近衛家荘官・鎌倉幕府御家人編集

 
「教導立志基」より『丹後局』
水野年方

島津姓については、諸説ありとし、忠久が元暦2年(1185年)8月17日[4]近衛家の領する島津荘下司職に任じられた後、文治元年(1185年)11月28日文治の勅許以降、源頼朝から正式に同地の惣地頭に任じられ島津を称したのが始まりとされている。忠久の出自については、『島津国史』や『島津氏正統系図』において、「摂津大阪住吉大社境内で忠久を生んだ丹後局源頼朝側室で、忠久は頼朝の落胤」とされ、出自は頼朝の側室の子とされている。

同じく九州の守護に任じられた島津忠久と豊後大友能直に共通していることは、共に後の九州を代表する名族の祖でありながら、彼らの出自がはっきりしないということ、いずれも「母親が頼朝の側室であったことから、頼朝の引き立てを受けた」と伝承されていることだろう。忠久は摂関家の家人として京都で活動し、能直は幕府の実務官僚・中原親能猶子だった。この当時、地頭に任じられても遠隔地荘園の荘務をこなせる東国武士は少なかったと見られ、島津氏も大友氏も軍功ではなく荘園経営能力を買われて九州に下っている形が共通している[注釈 3]

その他の出自に係る説について編集

忠久の実父については諸説あり、頼朝の実子であり惟宗広言の養子であったとする説以外に、広言の実子であるという説があるが、通字の問題などから広言の実子説については近年疑問視する説もある。

歴史編集

鎌倉時代編集

鎌倉幕府初代征夷大将軍源頼朝より、元暦2年(1185年忠久はわずか6才[5]で当時日本最大の荘園・島津荘地頭職に任命されて以降、薩摩・大隅・日向の守護職、ほどなくして越前の守護職も追加される。文治5年(1189年)には源頼朝率いる鎌倉幕府軍による奥州征伐では東北遠征に10才で従軍している。忠久は鎌倉幕府内で特別な御家人であったが、建仁3年(1203年)頼朝亡き後起こった比企能員の変連座し一時、守護職を失うことになるが、後に薩摩・大隅・日向の守護職を回復している。

忠久の長男である島津忠時承久の乱にて鎌倉幕府方の有力武将として相当の武功を挙げたとみられ、薩摩国大隅国日向国の他、若狭国守護職や伊賀国讃岐国和泉国越前国近江国など各地の地頭職も得るなど鎌倉幕府でも巨大な御家人となる。また承久の乱の際に忠時が使用した太刀は『綱切』と号されて、源氏の白旗、家祖・忠久愛用の大鎧は共に島津宗家当主が私蔵すべき家伝三種の重宝として相伝することとなった(『西藩野史』)。乱後、忠久は越前国守護職に補せられ、計五ヶ国を有するなど鎌倉幕府内でも筆頭守護人となる。1227年安貞元年)、忠久の死去に伴い嫡子忠時が島津氏2代当主の座を継ぎ、所職を相続したが、越前国守護職はほどなくして後藤氏に交替している。

忠久以降の島津氏は幕府の有力な御家人の常として当主は鎌倉に在住し、現地における実際の差配は一族・家人を派遣し、これに当たらせていたが、3代・島津久経元寇を機に下向して以来一族の在地化が本格化し、4代・島津忠宗は島津氏として初めて薩摩の地で没した。

南北朝時代編集

やがて鎌倉幕府の力が衰えて倒幕の機運が高まると、1333年元弘3年、正慶2年)に5代・島津貞久後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕運動に参加する。貞久は九州の御家人とともに鎮西探題を攻略し、鎌倉幕府滅亡後には初代・忠久以来の大隅・日向の守護職を回復した。その後建武の新政が崩壊すると、建武政権から離反した足利尊氏摂津国で敗れて九州へ逃れてきたため、少弐氏と共に尊氏を助け、筑前国多々良浜の戦い福岡県福岡市)で菊池氏後醍醐天皇の宮方と戦うなど、九州武家方の有力大名として活躍する。しかし、南北朝時代1342年南朝:興国3年、北朝:康永元年)中期に南軍の征西将軍として派遣された懐良親王南九州へ入り、菊池氏と共に勢力を強大化させたため、一時は南朝方にも属するなど苦戦を強いられた。

その後、幕府方に復帰した貞久は死の直前の1362年(南朝:正平17年、北朝:貞治元年)に幕府に対して申状を送っている[6]。その中で貞久は島津荘は薩摩・大隅・日向一帯を占める島津氏の本貫であり、3国の守護職は源頼朝から与えられたもので大隅・日向の守護職は鎮西探題(北条氏)に貸したものに過ぎないとして3か国守護であることの正当性を訴えた。前述のように島津氏は比企能員の変で処罰された結果として大隅・日向の守護職を没収されたもので、貞久の主張は史実ではない。しかし、貞久のこの信念は彼の後継者や島津氏の一族・家臣団に共有されて後世に伝えられ、今日なお「島津氏は鎌倉幕府成立以来中世を通じて薩摩・大隅・日向3か国守護職を相伝し、700年にわたって3か国を領有した」という史実とは異なる認識[7]を定着させることになる[8]

貞久は嫡男の島津宗久を早くに失っていたため、3男の島津師久と4男の島津氏久にそれぞれ薩摩・大隅の守護職を分与し島津氏を分割継承させた。島津師久は上総介に任じられていたので、その子孫は総州家、島津氏久は陸奥守に任じられていたので、その子孫は奥州家と言われた。分割継承の後は、6代・氏久(奥州家)が水島の陣にて武家方である九州探題今川貞世少弐冬資謀殺(水島の変)に怒り、武家方を離反すると、同じく6代・師久(総州家)もこれに順じて武家方から離反するなど、両家は団結して島津氏に仇なす征西府と今川探題が一揆させた南九州国人一揆と戦い、やがてそれら外敵を退けることに成功した。

しかし、共通の外敵を持つ間は固い団結を誇った島津両家も、その外敵が消え去った後は、互いが最も脅威となる存在となった。

室町時代前期・中期編集

南北朝の内乱を分割継承という形で乗り切った両島津氏であったが、打倒すべき共通の敵を失うと、互いを脅威とみなし対立を深めた。やがて7代・島津伊久(総州家)とその嫡子・島津守久が不和となり、総州家内部で内紛が勃発すると、7代・島津元久(奥州家)がこれを調停し、恩義を感じた伊久より薩摩守護職と島津氏重代の家宝を譲られ、表面上は両島津氏は再統一された。後に室町幕府にも相続が安堵された[注釈 4]。しかし、総州家が滅亡したわけではなく、両家の対立は残ったままであった。なお、この元久の頃より守護所が鹿児島の清水城へ移り、本格的に鹿児島の街が開府した。

守護職が奥州家の元に統合された島津氏だったが、元久が嗣子無く没すると、島津一族の筆頭であった伊集院頼久が自身の子息を本家当主に据えようと画策する。これを察知した元久の弟・島津久豊は元久の位牌を奪って8代当主となった。これにより伊集院氏との対立が深まり、また伊集院氏に総州家が助勢したため、またも領国内に内紛(伊集院頼久の乱)が起こったが、最終的に久豊は伊集院氏を降し、また総州家を滅ぼすことに成功。島津氏の守護領国制を完成させた。

9代・島津忠国の代になると、島津氏は守護大名として確立し、比較的安寧な時期が続いたが、大小の内紛は散発していた。特に忠国の弟である島津用久(好久・薩摩守)が声望を増したため、兄弟間の対立が起こった(なお、内紛の鎮圧に失敗した忠国が家督を一旦用久に譲ったものの、その後忠国が当主への復帰を図ったとする説もある[9])。この争いは中央で6代将軍・足利義教との権力闘争に敗れた大覚寺義昭を討った忠国に幕府が味方したため、好久が降伏し、忠国の勝利に終わった。この際に忠国は好久に薩州家を立てさせ、ある程度の譲歩をしている。忠国と好久の対立は解決されたものの、家中の掌握には失敗して家臣の反抗を招き、事実上の引退に追い込まれた[10]

10代・島津立久の時代には応仁の乱が勃発し、島津氏は東軍に属した(但し派兵せず)。11代の島津忠昌桂庵玄樹を招聘して薩南学派を起こすなど学問を好んだが、領国内の一族・国人が立て続けに挙兵したため、世を儚んだ忠昌はついに自害して果てた。その後も12代・島津忠治、13代・島津忠隆が継承したが、いずれも早世したため、国内の島津氏一族・国人、大隅の肝付氏、日向の伊東氏を押さえることは叶わず、守護家の島津氏は全く弱体化してしまっていた。

室町時代後期編集

室町時代後期に入ると、領域内各地の国人や他の島津一族による闘争が加速化され、さらに薩摩大隅守護家は衰退する。

そして島津氏一族の中から伊作家の伊作忠良薩州家島津実久が台頭して他家を上回った。

忠良の子の貴久は一時期薩摩大隅守護家の14代忠兼(後の勝久、12代忠治・13代忠隆の弟)の養子として迎えられる。しかし勝久は実久に誑かされ、守護復帰を目論んで貴久との養子縁組を解消した。ただし、近年の研究では傍流から当主になった勝久と重臣達の確執の存在や勝久に反発する重臣たちの中には貴久や実久を擁立する動きがあったこと、実久が一時期守護家当主および薩摩大隅守護として迎えられて国内をほぼ掌握していた時期が存在したことが明らかになっている[11]

その後、勝久は実久により薩摩を逐われて、母方の実家である大友氏を後ろ盾として頼み豊後国へと亡命する。

伊作忠良・貴久親子は実久と守護職を争い、遂にはこれを武力で退け、薩摩・大隅を制圧した。前述の研究では、この際に実久が重臣たちの擁立によって勝久に代わって守護に就任した事実は消されて、反逆行為として書き直されたと考えられている。

戦国時代から安土桃山時代編集

15代貴久(伊作氏出身)は内城を築き、修理大夫に任ぜられた。また、嫡男(後の義久)に将軍義輝より偏諱を受けている。貴久の嫡男である16代・島津義久の代には、日向の戦国大名である伊東氏を駆逐し、島津氏による薩摩国・大隅国・日向国の三州再々統一を成し遂げた。

1578年(天正6年)、島津氏が日向の伊東氏との決戦で得た日向領に、豊後国の戦国大名・大友宗麟がたびたび侵攻を繰り返えすのに対し、義久自ら出陣し九州雌雄を決した耳川の戦いでは、大友軍に圧倒的な勝利を収め撤退させる。大友氏はこれ以降、九州北西部での勢力を減じ、大友が菊池氏から守護職を簒奪した肥後国名和氏城氏も島津氏に誼を通じてきた。義久は、天草五人衆を従属させると、宇土半島阿蘇氏勢力を駆逐し、名和・城両氏への支援路を確保し、九州北部制覇への足掛かりを築いた。さらに1581年(天正9年)には、人吉の相良氏を降伏させた。

大友氏が九州北西部での勢力を落としたのち、肥前国では、戦国大名龍造寺隆信が強大な勢力を誇っていた。その勢いを増す龍造寺氏に圧迫されていた肥前の大名・有馬晴信は島津義久に助けを求める書状を送る。1584年(天正12年)、義久は末弟の島津家久に全軍指揮を任せ肥前島原半島に派遣。家久は沖田畷の戦いでは龍造寺軍を戦巧な戦いで撃破し大将隆信の首を討ち取るという殊勲をあげる。沖田畷の戦い以後、大友氏から龍造寺氏へと鞍替えしていた九州北部の豪族達が島津氏方に転じ、残る肥後国北中部の阿蘇氏、またその被官である甲斐氏の拠点を陥落させた(豪族としての矢部氏・阿蘇氏は滅亡し、その後、大宮司家として再興)。島津軍が瞬く間に九州全土に快進撃を行えたのは、戦略性を持つ統制の取れた機動力と戦術眼、また鉄砲の存在、それを実戦で培い磨き上げた高度な鉄砲戦術が大きかったと考えられる。

義久は、3人の弟(島津義弘歳久家久)や優秀な家臣団を見事に使いこなし、1586年(天正14年)九州のほぼ全てを手中に収めるなど、戦国大名島津氏として九州最大版図と勢力を築くが、大友宗麟北部九州を支配下に収めていたが、島津氏との決戦に敗れてからは没落する一方であった)の嘆願により、豊臣秀吉による九州侵攻を受ける。

島津軍は、豊臣連合軍との前哨戦となった戸次川の戦い等では圧倒的な勝利を収めるが、大友氏傘下の大神氏庶家が護っていた臼杵城では、ポルトガル伝来の大砲により損害も蒙った。戸次川の戦いで豊臣連合軍の一方的な敗北を期した秀吉は自ら出陣する決心をし、第二波の攻防では朝廷に対し武力を背景にした圧力工作によって得た関白の地位を利用し、四十か国に近い諸国に号令をかけ25万人以上もの大量兵力を動員する準備を進めた。義久は秀吉が大軍を率いて日向から攻めてくると予想し、日向口に主力部隊を配備した戦術を取っていたが、秀吉はその意に反して薩摩北西部の肥後口から大軍を率いて行軍し攻めてきた為、秀吉軍との攻防により領国内が戦乱の渦に巻き込まれる総力戦は避け、止む無く降伏を決断したとされる。 その後、木食応其の仲介のもと降伏する。本領である薩摩・大隅2か国・日向諸県郡近衛前久による仲介や交渉の結果、全所領が安堵された(豊臣秀吉は公家五摂家のひとつと言われる近衛家の猶子であるが、島津氏もまた1185年以来近衛氏の荘官である)。

朝鮮の役が終わると、朝鮮連合軍との泗川の戦いなど目覚しい勝利を賞賛されれ、島津氏は豊臣政権から特別となる5万石の加増を受けることになる[注釈 5]。これにより、島津家は56万9千石余(文禄年間に行われた石田三成奉行による検地の結果)から61万石余となり、徳川氏(255万石)・上杉氏(120万石)・毛利氏(112万石)・前田氏(84万石)[12]に次ぎ、島津氏は九州全制覇を目前にして豊臣秀吉と交戦しながらも宇喜多氏伊達氏を抜き、豊臣政権下で第5位の地位に就く大大名となる[13]

江戸時代編集

 関ヶ原の戦いでは、島津義弘は行き違いで西軍に属し徳川家と敵対関係に陥るも、島津宗家最高責任者である島津義久徳川家康と約3年に及ぶ戦後交渉にあたり武備恭順の態度を取るも、近衛信尹や家康側近の井伊直政山口直友など強い擁護もあり全所領安堵を認めさせる。以降、薩摩藩として幕藩体制に組み込まれることとなる。また分家により日向佐土原藩が成立した。大坂の陣では2度とも合戦には参加せずにいたが、島津氏により関ヶ原の戦いで敗れた西軍副大将だった宇喜多秀家が薩摩で匿われていた経緯から、島津氏を頼って戦死したはずの豊臣秀頼真田幸村が秘かに大坂を脱出して九州薩摩に向かったという噂が京の都大坂で信憑性を持って流れた。江戸時代初期には徳川家康の了解のもと、初代薩摩藩主・島津家久琉球へ侵攻して奄美群島を領有し、琉球王国を支配下に置いた。島津家では藩独自の検地が数回実施され、前田(102万石)[14]越後松平(75万石)に次ぐ徳川政権下で第3位(松平忠輝の改易後は前田家に次ぎ第2位)、72万石余の大藩となる。その後、石高の高直しなどにより、表高は77万石となる。薩摩守の官名を独占し(斉興など大隅守も使用)、従四位上左近衛権中将が極官となった。

 幕藩体制下にあっては、宝暦治水に代表される老中による弱体化政策など圧迫を受ける一方で、徳川綱吉養女・竹姫島津継豊の後妻として嫁いで以降は、寔子(11代将軍・家斉正室)、敬子(篤姫、13代将軍・家定正室)と将軍家と婚姻を通じ、縁戚関係をも深めることたびたびであった[注釈 6]。島津家は武家でありながら、江戸時代265年通し将軍家御台所を二人も出したことは異例である。また長命と子孫に恵まれた当主が多かったため、継嗣問題などへ介入されることがなく、幕府との関係は友好的かつ安定的に推移した。

 幕末に至って、膨張する西洋帝国主義に対抗すべく、28代島津斉彬の時に洋式製鉄、造船、紡績を中心とした近代産業を興した(集成館事業)。参預会議の失敗で薩摩藩はそれまで推進してきた公武合体公議政体などの幕府改革路線(島津幕府)を捨て、藩内より尊皇倒幕の志士を輩出、徳川将軍家と深い縁戚関係にありながら29代島津茂久(忠義)は、外様で反徳川の毛利家薩長同盟を結び、倒幕の中心となる。

明治以降編集

 
旧島津公爵邸(現清泉女子大学
 
同上邸内

1869年(明治2年)版籍奉還後、島津忠義は鹿児島知藩事となり、1871年(明治4年)の廃藩置県まで務めた。島津家の維新への多大な功績により、明治2年(1869年)には島津忠義とその父島津久光に対して最高受領高の10万石の賞典禄が下賜された。他に10万石を下賜されたのは長州藩主の毛利敬親毛利元徳だけであり、この4人のみに許された最大恩賞だった[15]。廃藩置県後に忠義に旧来の俸禄に代わり政府から支給された家禄は3万1400石であり、これに忠義の賞典禄のうち1万2500石分が加えられ、明治9年( 1876年)に家禄や賞典禄に代えて発行された金禄公債の額は132万2845円に及び、この額は「加賀100万石」の前田家の119万4077円を超えて1位だった[16]

明治10年(1877年)に華族たちによって第十五国立銀行が創設された際も島津忠義は7673株を保有して最大の株主になっている[17]。土地開拓に加え、鉱山経営も熱心に行っていた[18]

明治17年(1884年)制定の華族令により華族が五爵制になると島津家の維新への多大な功績により宗家は最上位の公爵に列せられ、さらに忠義の実父島津久光が維新後自ら分家した玉里島津家にも宗家と別に公爵位が与えられた[19]。また分家の佐土原島津家(旧佐土原藩主家、幕末時2万7000石)は当初は石高通り子爵であったが、1891年(明治24年)に島津忠寛の維新の功により伯爵に陞爵した[20]。さらに島津公爵家の分家として島津忠弘[21]島津忠備[22]、玉里島津公爵家の分家として島津忠欽[23]、佐土原島津伯爵家の分家として島津健之助[24]、薩摩藩の一門家臣だった島津珍彦家(重富島津家[25]島津貴暢家(垂水島津家)[23]島津長丸家(宮之城島津家)[23]島津久明家(日置島津家[26]島津久家家(都城島津家[27]島津隼彦家(今和泉島津家)[28]島津久賢家(加治木島津家)[23]男爵に叙された。島津家から出た華族家は合計14家にも及び、この数は松平家(28家)に次ぐ[3]

1891年(明治24年)5月6日に島津忠義公爵は訪日中のロシア皇太子ニコライ(後のロシア皇帝ニコライ2世)を鹿児島の邸宅に招いた。忠義は洋服を着ない外国人嫌いで知られたが、この時には自ら接待を買って出て旧家臣の老武士170人とともにニコライを迎えた。旧家臣たちは先祖伝来の甲冑を身に着けて侍踊りを披露し、忠義自身は犬追物を披露した。皇太子に随伴していたエスペル・ウフトムスキーロシア語版英語版公爵は封建主義の残滓とこれに不快感を覚えているが、ニコライ皇太子は楽しんでいた。ニコライと島津家の友好はその後も数年間維持された[29]

明治31年(1898年)の日本国内の高額所得者ランキングによれば宗家の島津公爵家の年間所得は21万7504円に及び、5位にランクインしている(旧大名華族でこれより上位なのは前田侯爵家の3位26万6442円のみ)[30]

島津公爵家の邸宅は東京市品川区五反田袖ヶ崎にあった。明治12年には和館が建設されたが、それが老朽化した後の1906年(明治39年)には日本政府の招きで来日し工部大学校建築学科教授を務めていた英国人ジョサイア・コンドルに洋館の設計を委嘱。その後数度の設計変更を経て1915年(大正4年)に竣工が開始されて1917年(大正6年)に洋館が完成した。完成と共に大正天皇貞明皇后の行幸啓を賜った。敷地は2万8000坪あったが、昭和恐慌で維持が困難になり、1929年(昭和4年)に8000坪を残して他を売却。第二次世界大戦中には戦争の激化で大邸宅の維持も困難になり、邸宅を日本銀行に売却した。しかし邸宅は戦災を受けるのを免れ、占領中には駐留軍の宿所に使用されていた。1961年(昭和36年)7月に清泉女子大学が日本銀行からこの土地と建物を購入しており、この翌年から現在まで同大学の校舎として使用されている。邸宅は重要文化財に指定されている[31]

島津忠重公爵の長男である島津忠秀アユを専門とする水産学者だった[32]

昭和天皇第5皇女である清宮貴子内親王は佐土原島津家に嫁いだ。また昭和天皇皇后である香淳皇后は島津忠義の七女・俔子の娘で明仁上皇の母方の祖母でもあり、上皇の妹の清宮貴子内親王も島津家に降嫁しており、明仁上皇からは皇室と深い縁戚関係にあることが語られている[33]

歴代当主編集

代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
1   島津忠久
(生年不詳-1227年)
惟宗広言の子(?) 従五位下
従二位
薩摩・大隅・日向・越前などの守護。
島津荘より島津を称す。
在鎌倉
2   島津忠時
(1202年-1272年)
先代の子 初名は「忠義」。
薩摩守護。
鎌倉将軍の近侍として仕える。
3   島津久経
(1225年-1284年)
先代の次男 正三位 初名は「久時」。
薩摩守護。
島津氏で初めて薩摩に入国する。
元寇に出兵。
4   島津忠宗
(1251年-1325年)
先代の子 薩摩守護。
島津氏の薩摩入部を進める。
5   島津貞久
(1269年-1363年)
先代の子 薩摩・大隅・日向守護。
足利尊氏に属す。
三州守護職を回復する。
兄系島津氏(総州家) 弟系島津氏(奥州家)
代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考 代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
6   島津師久
(1325年-1376年)
貞久の三男 薩摩守護。
貞久三男。兄系島津氏(総州家)の初代。
6   島津氏久
(1328年-1387年)
貞久の四男 大隅・日向・筑後守護。
貞久四男。
弟系島津氏(奥州家)の初代。
7   島津伊久
(1347年-1407年)
先代の長男 薩摩守護。
兄系島津氏(総州家)2代。
重代の家宝を元久に譲る。
7   島津元久
(1363年-1411年)
先代の長男 初名は「孝久」。
薩摩・大隅・日向守護。
弟系島津氏(奥州家)2代。
家督を統一する。
代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
8   島津久豊
(1375年-1425年)
氏久の次男(元久の弟) 薩摩・大隅・日向守護。
氏久次男。
島津氏の守護大名化を確立させる。
9   島津忠国
(1403年-1470年)
先代の子 初名は「貴久」。
薩摩・大隅・日向守護。
島津氏を守護大名として安定させる。
10   島津立久
(1432年-1474年)
先代の子 薩摩・大隅・日向守護。
応仁の乱で東軍に属す。
11   島津忠昌
(1463年-1508年)
先代の子 初名は「武久」。
薩摩・大隅・日向守護。
自害。
12   島津忠治
(1489年-1515年)
先代の長男 薩摩・大隅・日向守護。
13   島津忠隆
(1497年-1519年)
先代の弟
(忠昌の次男)
薩摩・大隅・日向守護。
14   島津勝久
(1503年-1573年)
先代の弟
(忠昌の三男)
初名は「忠兼」。
薩摩・大隅・日向守護。
亡命先の豊後国で客死。
15   島津貴久
(1514年-1571年)
先代の養子
島津忠良の子)
(9代忠国の玄孫)
薩摩・大隅・日向守護。
争乱の薩摩を統一する。
16   島津義久
(1533年-1611年)
先代の長男 従四位下 初名は「忠良」・「義辰」。
薩摩・大隅・日向守護。
一時九州統一目前に迫るなど島津氏全盛期。
17   島津義弘
(1535年-1619年)
先代の弟
(貴久の次男)
従四位下
正三位
初名は「忠平」・「義珍」。
肥後守護代。
尚古集成館」では17代としている(後述)[34]
18   島津家久
(1576年-1638年)
先代の三男 従三位 初名は「忠恒」。
初代薩摩藩主。
鶴丸城を築く。
19   島津光久
(1616年-1695年)
先代の子 従四位上 初名は「忠元」。
2代薩摩藩主。
鹿児島・磯に別邸庭園仙巌園を造園。
20   島津綱貴
(1650年-1704年)
先代の孫
(島津綱久の子)
従四位上 初名は「延久」。
3代薩摩藩主。
娘の亀姫は近衛家久正室。
21   島津吉貴
(1675年-1747年)
先代の子 従四位上 初名は「忠竹」。
4代薩摩藩主。
霧島神宮の社殿を造営。
22   島津継豊
(1702年-1760年)
先代の子 従四位上 初名は「忠休」。
5代薩摩藩主。
23   島津宗信
(1728年-1749年)
先代の長男 従四位上 初名は「忠顕」。
6代薩摩藩主。
24   島津重年
(1729年-1755年)
先代の弟
(継豊の次男)
従四位上 初名は「久門」。
7代薩摩藩主。
宝暦治水など幕府の普請に苦しんだ。
25   島津重豪
(1745年-1833年)
先代の子 従三位 初名は「久方」・「忠洪」。
8代薩摩藩主。
広大院徳川家斉正室
26   島津斉宣
(1774年-1841年)
先代の長男 正四位上 初名は「忠堯」。
9代薩摩藩主。
近思禄崩れで失脚。
27   島津斉興
(1791年-1859年)
先代の長男 従三位 初名は「忠温」。
10代薩摩藩主。
藩政改革
28   島津斉彬
(1809年-1858年)
先代の長男 従四位上
正一位
初名は「忠方」。
富国強兵殖産興業
11代薩摩藩主。
養女篤姫徳川家定正室
29   島津忠義
(1840年-1897年)
先代の養子
島津久光の子)
(27代斉興の孫)
従一位 初名は「忠徳」・「茂久」。
12代薩摩藩主(知藩事)
初代公爵
30   島津忠重
(1886年-1968年)
先代の四男 正二位 2代公爵
姉は邦彦王妃俔子香淳皇后の叔父。
海軍少将
31   島津忠秀
(1912年-1996年)
先代の長男 農林省勤務
水産学者
香淳皇后の従弟。
32   島津修久
(1938年-存命中)
先代の次男 照国神社宮司
近衛文麿の孫。
細川護煕いとこ

17代当主について編集

島津義弘を第17代当主とする史料の初出は、幕末に編纂された『島津氏正統系図』と考えられている[注釈 7]。これ以降、島津家の系図はこれを基に作られ「義弘=17代当主」という認識が定着していった。また秀吉の九州征圧後、義久に大隅を、義弘に薩摩をそれぞれ蔵入地として宛がったことも義弘が当主であるという認識を補強する材料となった(島津=薩摩という印象から、「薩摩を与えられたのだから当主なのだろう」という見方ができる)。

しかし1980年代に入ってから、島津家当主の証しである「御重物」の研究が西本誠司によって進み[35]、当主の地位が義久から忠恒に直接譲られていることが判明すると、義弘は17代当主ではなかったという学説が山口研一福島金治ら多くの研究者に支持されるようになった[11][36]。以降、義弘は「当主であった説」と「当主ではなかった説」が並列するようになった。

なお、島津家関連の物品を所蔵・研究・展示している尚古集成館では系図重視の観点から義弘を第17代当主と認定していたが、2004年に尚古集成館文化財課長で鹿児島大学法文学部非常勤講師の松尾千歳も義弘は当主ではないとする論文を発表した[37]。尚、現在も続く当の島津本宗家および当の尚古集成館自体は2016年の現在も義弘を17代当主としている[34]

また、島津氏の家督継承に関しては、室町時代中期に島津忠国が一時期に弟の用久(持久)に家督を譲っていたものの最終的に家督を取り返したとする新名一仁の説[9]戦国時代島津勝久を追放した薩州家の島津実久が宗家重臣の支持を受けて家督を一時継承したとする山口研一の説[11]が出されており、島津本宗家および尚古集成館の見解とは異なる変遷像が描かれつつある。

系譜編集

太字は当主。実線は実子、点線は養子。[ ]は、その氏・家の祖を意味する。
島津忠久1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠時2越前家
忠綱
忠直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山田氏
忠継
久経3高久忠康忠佐阿蘇谷氏
久時
忠経久氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山田忠真忠宗4伊作家
久長
給黎氏
給黎宗長
忠継町田氏[注釈 8]
町田忠光
伊集院氏
伊集院俊忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞久5和泉氏
和泉忠氏
佐多氏
佐多忠光
新納氏
新納時久
樺山氏
樺山資久
北郷氏
北郷資忠
石坂氏
石坂久泰
宗久久俊[恒吉氏]
久行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川上氏
川上頼久
宗久総州家
師久6
奥州家
氏久6
光久氏忠親忠久氏忠武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊久7[碇山氏][注釈 9]
碇山久安
元久7久豊8久義[西氏]
親久
十忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
守久[相馬氏]
忠朝
久照仲翁守邦忠国9薩州家
用久
豊州家
季久
羽州家[注釈 10]
有久
伯州家[注釈 11]
豊久
勝久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久世相州家
友久
立久10久逸桂氏
勝久
迫水氏吉満氏
忠経
守棟喜入氏
忠弘
頼久教久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久林運久忠昌11頼久忠誉犬安丸久逸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠良忠治12忠隆13勝久14善久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貴久[垂水家]
忠将
[宮之城家]
尚久
貴久15忠康久考忠良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐土原家
以久
忠長義久16義弘17日置家
歳久
永吉家
家久
良久藤野秀久[亀山氏]
亀山忠良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彰久忠興久元久保忠恒18佐志家
忠清
忠隣豊久忠仍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久信久雄久富光久19加治木家
忠朗
常久忠栄忠昌東郷重経東郷重頼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠高久寿久武綱久岩崎家
久房
久慶久雄[本城氏]
本城忠辰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟久綱貴20久季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠雅吉貴21花岡家
久儔
忠直禰寝清純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久柄継豊22貴儔重富家
忠紀
久亮貴澄今和泉家
忠卿
忠温
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠持宗信23重年24久峰入来院定勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠徹小川久徳久業重豪25久徴久邦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠施小川久抹忠寛宮原義敬寔子斉宣26奥平昌高忠厚有馬一純黒田長溥南部信順久典
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠亮大村純雄啓次郎斉興27忠公忠剛松平勝善久福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠麿健之助大村純英斉彬28池田斉敏玉里家
久光
忠冬久敬忠敬敬子 (篤姫)久徴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久範忠義29久治珍彦忠欽忠済
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠韶久永忠重30忠備忠弘久範忠承久大
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠範禎久忠秀31晃久矩久斉徳忠広久正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠敬修久32

島津氏族編集

島津氏の系統には以下がある。

被官の格分け編集

島津家の被官は、その家格により三つに呼び方が分けられていた。

一番格上は御一家(ごいっか)と称される島津の有力庶家で、薩州家伊作家相州家などに加え、北郷家樺山家などもこれに類された[38]。また、6代氏久が子の元久に対し、「宗家と御一家の間に身分の上下は無く、特に和泉佐多新納・北郷・樺山の各氏は御教書を与えられた家であり、上下はないと心得るよう」言い含めており、少なからず元久の代まではそのような関係が続いていたようである[38]

続いて御内(みうち)と呼ばれる譜代被官・直属被官であり、初代忠久に従い九州へ下向した者、南北朝時代までに被官化された中小在地領主、若しくは御一家・国衆の庶家で、独立した所領を持たず被官となった者などがこれに類された[38]

続いて国衆(くにしゅう)または国方(くにかた)と呼ばれる者で、郡司地頭などの国人領主を指す。土持氏伊東氏もこれに類されていた[38]

公式署名に見える「姓」編集

公式文書署名は、島津家当主が足利尊氏の猶子となる室町時代初頭では「惟宗朝臣○○」、戦国時代から新田流源氏を名乗るまでは、近衛家の庶流として「藤原朝臣○○」と署名していた。江戸時代に入り徳川家の「松平」の名字を与えられ以後、幕府の公式文書などでは「松平薩摩守(変動有)○○」と書かれる(江戸時代中期以降、内部の公式文書などにおいては「源朝臣○○」と署名した)[注釈 12]

家紋編集

島津氏の定紋に使用された図案は、島津十文字(筆文字の十文字)、「丸に十の字」、「轡十字」などがある。いずれも十文字紋であり、轡紋や久留子紋とは区別される。替紋に「島津牡丹」(近衛家より拝領)や「五三桐」を使用する。また、『蒙古襲来絵詞』には十文字の上に鶴丸紋を描いた、島津久経の幟が描かれている[40]信濃島津氏長沼家の「轡十字」については「轡」として『米府鹿子』に載る。

十文字の起こりについては諸説あり、2匹の龍を表したとするもの(『島津国史』)[41]奥州征伐の際、初代・忠久へ源頼朝が2本の箸を取って十字を作り、これを島津の紋にさせたとするもの(『西藩野史』)[41]鎌倉時代中国伝統の呪符の影響で、災いから身を守り福を招くため十字を切る風習があり、それを家紋とした(『日本紋章学』)[41]など、様々な方面から島津家の環十字について考察がされている。

室町中期に編纂された『見聞諸家紋』には島津十文字が掲載されているが、江戸時代初期の『寛政重修諸家譜』に掲載されている丸に十字(轡十字)の図案や「丸に十の字」の図案が定紋として使用されている。「関ヶ原合戦図屏風」(津軽家本)には島津十文字を描いた義弘の旗が描かれているが、豊久の旗には轡十字が描かれていることから歴史研究家の大野信長は、関ヶ原の合戦が行われたこの時期が筆文字の十文字から轡十字への変遷時期だと推測している[42]中世フランシスコ・ザビエルキリスト教布教のため日本初来訪となる鹿児島に訪れた際、領主である島津氏の家紋が「白い十字架」だったことに驚愕した、という記録が残る[43]

島津氏縁故社寺・菩提寺編集

 
和歌山県高野山にある島津家の墓

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 他に鎌倉以来、越前島津氏信濃島津氏若狭島津氏江州島津氏播磨島津氏、などの支流が存在する。
  2. ^ 初名も含めると基本的な通字は全時代を通じて「忠」の字が多く、江戸時代初期までは執権や将軍の偏諱を受けた場合に『「偏諱」+「久」』が多い。明治以降現在は嫡男に「忠」、次男に「久」[1])を用いる。
  3. ^ 板垣兼信は年貢未進・違勅の罪で円勝寺領遠江国雙侶荘(静岡県榛原郡金谷町志戸呂)の地頭職を解任され、隠岐国へ配流された(『吾妻鏡』建久元年9月17日条)。伊勢国治田御厨の地頭に補任されながら、現地沙汰人が荘園領主である伊勢神宮と対立して処分された畠山重忠は、「現地に良い眼代(代官)が得られないならば、(新恩の)領地を戴くべきではない」と述べている(『吾妻鏡』文治3年10月4日条)。
  4. ^ 島津氏は室町幕府3代将軍である足利義満の度重なる上洛の要求にも応じず、結局南北朝時代から室町時代を通じて同氏が上洛したのは、4代将軍義持の治世1410年(応久17年)に元久が相続安堵の謝辞為の上洛一度限りである。これは数ヶ国を擁する大守護大名としては異例のことであった。
  5. ^ かつて島津家から太閤蔵入地や石田三成細川幽斎の所領として設定された分と、島津忠辰の旧領出水3万石。
  6. ^ ただし、近衛家養女として将軍家へ嫁いだため、島津家から直接御台所となったのではない。
  7. ^ ただし、西本誠司は「島津義弘の本宗家家督相続について」の脚注中で元和2年(1616年)に建立された加治木町(現・姶良市)の精矛神社(かつての義弘居館)内の経塚の碑文(現在破損)に「島津十七代藤原義弘」と署名していたと伝えられる件を指摘し、慶長16年(1611年)に兄・義久が没すると義弘自らが「島津家第17代」と名乗るようになり、家中もこれに異議を挟めなかった可能性を示している。
  8. ^ 子孫は一時期、「石谷氏」を名乗る。町田久倍の代より町田に復姓。正徳年間より庶流は「梅本氏」を名乗るよう主命が降る。
  9. ^ 後に一時「姶良氏」を称するが寛文11年(1671年)に復姓。姶良氏は平姓姶良氏も存在する。
  10. ^ a b 後に無嗣断絶するも、東郷氏流高城氏の者が継いで、「大島氏」を名乗る。
  11. ^ a b 伯州家3代・忠常は没落し、北郷氏を頼ると子孫は「志和地氏」を名乗る。伯州家の家督は忠常の叔父・忠衡が継ぐも、孫の代に無嗣断絶。それを喜入季久の次男が継いで以降は「義岡氏」を名乗る。
  12. ^ ただし、「源」署名は室町時代中頃より藤原姓と平行して使用の形跡がある[39]

出典編集

  1. ^ 『名家・名門の秘密』講談社〈セオリーMOOK〉、2009年、24頁。
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『島津氏』 - コトバンク
  3. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 322-364.
  4. ^ 島津家文書』より。なお、元暦2年は8月14日までであるが、鎌倉まで伝わるのが遅れたことによるものか。
  5. ^ 源頼朝の落胤説に則った『島津歴代略記』(島津顕彰会 1985年)における、治承3年(1179年)12月30日出生説による。しかしながら、史料上の初見とされる『山槐記』治承3年2月8日の記事には「左兵衛尉忠久」が春日祭使の行列に供奉している記録があり、地頭職補任時には成人していたも解することができる。
  6. ^ 『島津家文書』312号
  7. ^ 新名 2015, p. 38・59-60.
  8. ^ 新名一仁「南北朝期島津奥州家の日向進出-その過程と歴史的意義-」『南九州の地域形成と境界性-都城からの歴史像-』地方史研究協議会 編、雄山閣、2010年。(改題所収:新名 2015, 「南北朝期島津奥州家の大隅・日向進出とその論理-奥州家独自の領有観形成-」)
  9. ^ a b 新名一仁「嘉吉・文安の島津氏内訌-南九州政治史上の意義-」『史学研究』235号、2001年。(改題所収:新名 2015, 「嘉吉・文安の島津氏内訌」)
  10. ^ 新名一仁「室町期島津氏〈家中〉の成立と崩壊-南九州における戦国的状況の出現過程-」『戦国・織豊期の西国社会』日本史史料研究会企画部 編〈日本史史料研究会論文集2〉、2012年。(改題所収:新名 2015, 「室町期島津氏〈家中〉の成立と再編」「室町期島津氏の解体過程」)
  11. ^ a b c 山口研一「戦国期島津氏の家督相続と老中制」『青山学院大学文学部紀要』28号、1986年。(所収:新名 2014
  12. ^ 関ヶ原直前の前田利長と利政の表高合計。
  13. ^ 佐竹家(与力の岩城・芦名らを含めると80万石)を加え「豊臣六大将」という場合がある。
  14. ^ 加賀藩支藩として富山大聖寺を分割し、前田宗家の石高は減じている。
  15. ^ 浅見雅男 1994, p. 102.
  16. ^ 小田部雄次 2006, p. 60/92.
  17. ^ 小田部雄次 2006, p. 95.
  18. ^ 小田部雄次 2006, p. 101.
  19. ^ 小田部雄次 2006, p. 57-58.
  20. ^ 小田部雄次 2006, p. 332.
  21. ^ 小田部雄次 2006, p. 347.
  22. ^ 小田部雄次 2006, p. 346.
  23. ^ a b c d 小田部雄次 2006, p. 350.
  24. ^ 小田部雄次 2006, p. 360.
  25. ^ 小田部雄次 2006, p. 344.
  26. ^ 小田部雄次 2006, p. 353.
  27. ^ 小田部雄次 2006, p. 345.
  28. ^ 小田部雄次 2006, p. 352.
  29. ^ キーン 2001, p. 127.
  30. ^ 小田部雄次 2006, p. 64.
  31. ^ 旧島津家本邸”. 清泉女子大学. 2021年9月20日閲覧。
  32. ^ 小田部雄次 2006, p. 144.
  33. ^ 宮内庁. “天皇陛下お誕生日に際し(平成15年)”. 2017年4月11日閲覧。
  34. ^ a b 島津家系図”. 尚古集成館. 2016年4月23日閲覧。
  35. ^ 西本誠司「島津義弘の本宗家家督相続について」『鹿児島県中世史研究会報』43号、1986年。(所収:新名 2014
  36. ^ 福島金治「戦国期島津氏の起請文」『九州史学』88・89・90号、1987年。
  37. ^ 松尾千歳「島津義久の富隈城入城とその時代―義久家督をめぐる諸問題―」『隼人学』志学館大学生涯学習センター・隼人町教育委員会編、南方新社、2004年。
  38. ^ a b c d 『都城市史 通史編 中世・近世』都城市史編さん委員会 編、2005年。
  39. ^ 村川浩平「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』近代文芸社、2000年。
  40. ^ 高澤等『家紋の事典』東京堂出版、2008年。
  41. ^ a b c 『島津家おもしろ歴史館』尚古集成館、1991年。
  42. ^ 大野信長『戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE』学習研究社、2009年。
  43. ^ 薩摩・島津家の歴史”. 尚古集成館. 2012年3月27日閲覧。

参考文献編集

  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366
  • 浅見雅男『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。
  • キーン, ドナルド『明治天皇〈下巻〉』角地幸男訳、新潮社、2001年(平成13年)。ISBN 978-4103317050

関連文書編集

関連書籍編集

  • 『島津史料集』人物往来社〈戦国史叢書6〉、1989年6月。
  • 三木靖『薩摩島津氏』人物往来社〈戦国史叢書10〉、1972年。
  • 『戦国九州軍記』学習研究社〈歴史群像シリーズ12〉、1989年6月。ISBN 4051051498
  • 『裂帛 島津戦記』学習研究社〈歴史群像シリーズ戦国セレクション6〉、2001年8月。ISBN 4056025959
  • 吉永正春『九州戦国合戦記』海鳥社、2006年7月。ISBN 4874155863
  • 新名一仁 編『薩摩島津氏』戎光祥出版〈中世西国武士の研究 第一巻〉、2014年。ISBN 978-4-86403-103-5
  • 新名一仁『室町期島津氏領国の政治構造』戎光祥出版〈戎光祥研究叢書3〉、2015年。ISBN 978-4-86403-137-0
  • 野村武士『島津忠久と鎌倉幕府』南方新社、2016年11月。ISBN 978-4861243455
  • 『歴史REAL 史上最強の大名 薩摩島津家』洋泉社、2017年3月。ISBN 978-4800311788
  • 『島津四兄弟の九州統一戦』講談社、2017年11月。ISBN 978-4065105757
  • 日本史史料研究会 監修、新名一仁 編『中世島津氏研究の

最前線』洋泉社〈歴史新書y〉、2018年8月。ISBN 978-4800315489

関連項目編集

外部リンク編集