伍 瓊(ご けい、? - 190年)は、中国後漢末期の人物。字は徳瑜。豫州汝南郡の出身。『後漢書』「献帝紀」・「董卓伝」・「袁紹伝」、『三国志』「董卓伝」・「袁紹伝」などに記述がある。

189年、袁紹が官を棄てて出奔したとき、周毖何顒と共に董卓を宥め、袁紹を勃海太守に任命させた。実は周毖と伍瓊はひそかに袁紹と内通していたという。

董卓から周毖・何顒・鄭泰許靖と共に人事を委ねられ、荀爽韓馥劉岱孔伷・張咨・張邈といった人物を、次々と官位に就けさせた。

190年、袁紹や張邈達が関東で挙兵し、董卓打倒の態度を鮮明にすると、董卓は長安への遷都を考えるようになった。伍瓊は城門校尉となっていたが、周毖・黄琬楊彪と共に長安遷都に反対した。董卓は、周毖と伍瓊がかつて推挙した人材の多くが反旗を翻していることを責めたて、二人を斬首した。

小説『三国志演義』にも登場し、ほぼ同様の最期を迎えている。