伝印(でんいん、1927年1月30日 - )は、中国禅僧[1]。字は月川。名は毓岱。遼寧省荘河市出身で俗姓は呂氏。元中国仏教協会会長[2]

伝印
1927年1月30日
法名 伝印
生地 中華人民共和国の旗 中国遼寧省荘河市
宗派 禅宗潙仰宗
寺院 東林寺
崇仁
虚雲
テンプレートを表示

略歴編集

1927年、遼寧省荘河市に生まれ。仏教の熱心な信者の家庭に生まれる。姓は呂氏。20歳で崇仁の弟子となり戒名を伝印と改める。1954年、江西省雲居山真如禅寺虚雲のもとで具足戒を受ける[3]。その後中国仏学院に学ぶも、文化大革命に巻き込まれ、1978年秋、浙江省天台県国清寺に移住、1981年から1983年には日本に留学し、佛教大学に学ぶ。1994年8月、江西省廬山東林寺の住職となり、1999年2月、北京市仏教協会会長に就任。2010年2月、中国仏教協会会長就任。

脚注編集

仏教の称号
先代:
一誠 (僧)
中国仏教協会会長
2010年—2015年
次代:
学誠