一誠(いっせい、1927年2月2日 - 2017年12月21日)は、中国禅僧[1]。字は悟円、法名は一誠、常妙、衍心。湖南省長沙市望城出身で俗姓は周氏。

一誠
1927年–2017年
法号 一誠
常妙
衍心
生地 中華民国の旗 中華民国湖南省長沙市望城
没地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国江西省雲居山真如禅寺
宗派 禅宗潙仰宗臨済宗
寺院 真如禅寺
洗心禅寺
法源寺
明心
虚雲
テンプレートを表示

略歴編集

1926年、湖南省長沙市望城で生まれる。姓は周、名は雲生。23歳で望城県洗心禅寺にて出家得度、明心に師事。1956年、韶関市南華寺虚雲のもとで具足戒を受ける[2]。性福は、一誠に潙仰宗衣法を授かる。

1956年から1959年、仏学研究院に入って勉学に励む。

1966年から1976年、その時ちょうど文化大革命であったため、雲居山の開拓場で農業に従事。

1978年の年末、彼は出家人としての生活に戻る。1979年、江西省雲居山の真如禅寺に移る。1985年、真如禅寺の方丈に就任。

1986年、江西省永修県仏教協会会長に当選。江西省仏教協会会長に当選。

2002年9月、中国仏教協会会長に当選[3]

2017年12月21日、江西省雲居山真如禅寺にて示寂、享年91、僧臘68年、戒臘61夏[4]

著書編集

  • 『容忍』九州出版社、2014年(中国語)。ISBN 9787510819872
  • 『平常心』九州出版社、2013年(中国語)。ISBN 9787510819865
  • 『世界是自己的、与別人無関』貴州人民出版社、2017年(中国語)。ISBN 9787221115034
  • 『宝峰山志』中国仏教出版社、2004年(中国語)。

編集

脚注編集

仏教の称号
先代:
趙樸初
中国仏教協会会長
2002年—2010年
次代:
伝印