伯夷(はくい)は、中国伝説時代の人物。の祖。

生涯編集

垂の子。神農十四世の末裔であり、共工の玄孫とされる。に仕えて政務を補佐し[1]、礼儀を統轄した。獄官の長として刑典を作成した[2][3]。堯よりを賜わり、南陽宛県の西(現在の河南省南陽市臥龍区王村郷中国語版)を与えられて呂侯に封じられた[4]

の治世には秩宗となって三礼を典った[1]が治水を行った際はそれを補佐し[5]、禹が舜に代わって政務を代行するようになると、伯夷はその股肱の臣となった。

出典編集

参考書籍編集

  • 程元敏 『尚書周書牧誓洪範金縢呂刑篇義證』万巻楼、2011年1月1日。ISBN 978-9577397362