メインメニューを開く

佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線

日本の佐賀県と福岡県の道路
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
佐賀県道138号標識
福岡県道138号標識

佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線(さがけんどう・ふくおかけんどう138ごう にしじまちくほうせん)とは、佐賀県三養基郡みやき町から、福岡県久留米市に至る一般県道である。 天建寺橋を挟み、風景が一変する。起点から天建寺橋間での区間は幅員も広く確保されている快走区間だが、天建寺橋を左折すると一変して、幅員僅少の狭路で、離合に苦労する。

目次

概要編集

通過する自治体編集

  • 佐賀県三養基郡みやき町 - 福岡県久留米市 - 三養基郡みやき町 - 久留米市

起点は佐賀県三養基郡みやき町。 天建寺橋でいったん福岡県久留米市に入るも、その後、すぐに佐賀県三養基郡みやき町天建寺土居外に入り、再び福岡県久留米市に戻る。これは、昔の筑後川が大きく蛇行しており、土居外地区は筑後国側ではなく肥前国側だったためで、流路変更後の現在この地区が川を挟んで飛び地のようになっている。そのため上記のように複雑なルートになる。

接続路線編集

橋梁編集

かつての天建寺橋は幅員僅少で離合が極めて困難であったうえ、老朽化が進行していた。 そのため、1999年(平成11年)3月に開通したのが現在の天建寺橋である。橋長426m、総幅員14.60mの立派な3径間連続PC斜張橋で、遠くからでもその姿を確認することができる。[1]

関連項目編集