佐野 利勝(さの としかつ、1918年 - 2006年[1])は、ドイツ文学者、京都大学滋賀医科大学名誉教授。 大阪府に生れる。1941年京都帝国大学経済学部卒業。46年京都大学文学部独文科卒業。京大教養部教授、82年定年退官、名誉教授、滋賀医科大学教授。

翻訳編集

  • オルテガ大衆の叛逆』 筑摩書房 1953
  • マックス・ピカート『われわれ自身のうちなるヒットラー』 筑摩書房 1955
  • エトヴィン・フィッシャー『音楽を愛する友へ』 新潮社 1955、新版1968 / 新潮文庫 1977
    • 増訂版『音楽観想』 みすず書房〈みすずライブラリー〉 1999
  • マックス・ピカート『ゆるぎなき結婚』 みすず書房 1957
  • エドヴィン・フィッシャー『ベートーヴェンのピアノソナタ』 木村敏共訳、みすず書房 1958、新版1978
  • マックス・ピカート『人間とその顔』 みすず書房 1959
  • マックス・ピカート『騒音とアトム化の世界』 創文社 1959 / みすず書房 1971、新版1983
  • アルブレヒト・ゲース『不安の夜』 岩橋保共訳、みすず書房 1960
  • ヴィクトール・フランクル『識られざる神』 木村敏共訳、みすず書房 「著作集7」 1962 / 同「セレクション3」 2002、新版2016
  • マックス・ピカート『神よりの逃走』 坂田徳男森口美都男共訳、みすず書房 1963
  • マックス・ピカート『沈黙の世界』 みすず書房 1964 / 同〈始まりの本〉 2014
  • テーオドール・ボヴェー『人生の道しるべ』 麦倉達生共訳、ヨルダン社「著作集 1」1973
  • ゴットフリート・ケラー『マルティン・ザランダー』 麦倉達生共訳、松籟社「作品集 4」 1992

脚注編集

  1. ^ 「沈黙の世界 新版」 みすず書房、2014年、訳者略歴より