何も変えてはならない

何も変えてはならない』(なにもかえてはならない、Ne change rien)は、ペドロ・コスタ監督による2009年のポルトガル・フランス合作のドキュメンタリー映画。

何も変えてはならない
Ne change rien
監督 ペドロ・コスタ
製作 アベル・リベイロ・チャベス
出演者 ジャンヌ・バリバール
撮影 ペドロ・コスタ
編集 パトリシア・サラマーゴ
公開 イタリアの旗 イタリア 2009年5月15日(カンヌ
上映時間 103分
製作国 ポルトガルの旗 ポルトガル
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

キャスト編集

発表編集

2009年5月15日、第62回カンヌ国際映画祭「監督週間」にて上映された[1]

評価編集

Metacriticでは、4件のレヴューで平均値82点を獲得した[2]

脚注編集

  1. ^ Weissberg, Jay (2009年5月16日). “Review: ‘Ne change rien’”. Variety. 2014年12月1日閲覧。
  2. ^ Change Nothing (Ne Change Rien)”. Metacritic. 2014年12月1日閲覧。

外部リンク編集