侯 贇(こう いん、918年 - 991年)は、五代後周から北宋にかけての政治家軍人本貫并州太原県

経歴編集

後漢遼州刺史の侯義の子として生まれた。父の蔭官により殿前承旨に任じられた。後周の顕徳年間、供奉官となり、南唐への使者をつとめ、三門集津発運使に任じられた。関中の穀物を軍事・国事の用に供給する仕事を30年にわたってつとめて、遅滞することがなかった。

宋が建国されると、諸衛将軍となった。右武衛将軍に累進した。開宝年間、知建安軍・揚州知州・徐州知州を歴任し、善政で知られた。開宝9年(976年)、太宗が即位すると、福州知州に転じ、右衛将軍となった。太平興国2年(977年)、呉越銭弘俶が宋に降ると、侯贇は両浙諸州に派遣されて軍隊の監視にあたり、右衛大将軍に進んだ。太平興国7年(982年)、霊州知州となり、左衛大将軍に転じた。

淳化2年(991年)、在官のまま死去した。享年は74。本衛上将軍の位を追贈された。

伝記資料編集

  • 宋史』巻274 列伝第33