メインメニューを開く

俗別当(ぞくべっとう)とは、俗人身分のままで寺院統轄の責任者である別当を務める者。

概要編集

最澄弘仁9年(818年)に朝廷に献上した『山家学生式』の中に盗賊や戒律違反を防ぐため、延暦寺公卿の俗別当の設置を求め、5年後の弘仁14年3月3日(823年4月17日)に藤原三守大伴国道が延暦寺の俗別当に任ぜられた。承和6年(739年)には東寺にも設置され、以後東大寺興福寺法隆寺金剛峯寺西大寺などに公卿の俗別当が設置された。時代が下ると、地域の有力者が地元の寺院の俗別当を務める事例も登場した。

参考文献編集

  • 大野達之助「俗別当」(『国史大辞典 8』(吉川弘文館、1987年) ISBN 978-4-642-00508-1
  • 平岡定海「俗別当」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-040-31700-7