メインメニューを開く

平岡 定海(ひらおか じょうかい、1923年4月27日 - 2011年11月26日)は、華厳宗僧侶歴史学者。第213世東大寺別当。

人物編集

1923年大正12年)、奈良市東大寺上之坊に生まれる。1949年昭和24年)京都大学文学部史学科卒業。1955年(昭和30年)東京大学大学院修了。1960年(昭和35年)文学博士

1954年(昭和29年)種智院大学講師、1957年(昭和32年)助教授、1966年大手前女子大学教授。東大寺上之坊住職、東大寺執事長、華厳宗管長、東大寺別当を歴任。

2011年(平成23年)11月26日多臓器不全により遷化[1]。88歳没。

著書編集

  • 『東大寺宗性上人の研究並史料』(日本学術振興会、1958-1960年)
  • 『東大寺の歴史』(至文堂、1961年)
  • 『大仏勧進ものがたり』(大蔵出版、1977年)
  • 『東大寺』(教育社、1977年)
  • 『東大寺辞典』(東京堂出版、1980年)
  • 『日本寺院史の研究 古代編』『同 中世近世編』(吉川弘文館、1981,1988年)
  • 『無常のうた』(毎日新聞社、1993年)

論文編集

脚注編集

外部リンク編集