保坂俊司

保坂 俊司(ほさか しゅんじ、1956年 - )は、日本の宗教学者中央大学教授。専門は比較宗教学、比較文明論、インド思想

群馬県渋川市生まれ。早稲田大学社会科学部卒、1991年同大学院文学研究科東洋哲学専攻修士課程修了。デリー大学に学び、グル・ナーナク研究所研究員、麗澤大学国際経済学部専任講師助教授、教授、2009年中央大学総合政策学部教授。

目次

著書編集

  • シク教の教えと文化 大乗仏教の興亡との比較』平河出版社、1992
  • 『イスラームとの対話』成文堂選書、2000
  • 『インド仏教はなぜ亡んだのか イスラム史料からの考察』北樹出版、2003
  • 『イスラム原理主義・テロリズムと日本の対応 宗教音痴日本の迷走』北樹出版、2004
  • 『仏教とヨーガ』東京書籍、2004
  • 『知識ゼロからの世界の三大宗教入門』幻冬舎、2005
  • 『戒名と日本人 あの世の名前は必要か』祥伝社新書、2006
  • 『国家と宗教』光文社新書、2006
  • 『宗教の経済思想』光文社新書、2006
  • ブッダムハンマド 開祖でわかる仏教とイスラム教』サンガ新書、2008
  • 『癒しと鎮めと日本の宗教』北樹出版、2009

共著・編著編集

  • 『人間の文化と宗教』新免光比呂頼住光子佐藤貢悦共著 北樹出版、1994 比較宗教への途
  • 『人間の社会と宗教』頼住光子、新免光比呂共著 北樹出版、1998 比較宗教への途
  • 『人間の文化と神秘主義』頼住光子、吉村均、新免光比呂共著 北樹出版、2005 比較宗教への途
  • 『世界の宗教問題の基本 2時間でザックリわかる!』編著 青春新書インテリジェンス、2008

翻訳編集

  • グリンダル・シン・マン『シク教』春秋社、2007 シリーズ21世紀をひらく世界の宗教

参考編集