保淑帝姫(ほしゅくていき、? - 1107年閏10月)は、北宋徽宗の第12皇女。

経歴編集

淑妃王氏(後の大王貴妃)の次女として生まれた。大観元年(1107年)7月、保慶公主の位を授けられたが、同年閏10月に夭折した。魯国公主の位を追贈された。政和4年(1114年)12月、保淑帝姫の位を改贈された。

伝記資料編集

  • 『宋会要輯稿』