修士・博士一貫教育

修士・博士一貫教育(しゅうし・はくしいっかんきょういく)とは、大学がその大学または他校の大学院と連携し、修士課程と博士課程を標準修業年限の5年程度で修了することができるようにする制度である。法務博士・法学博士一貫教育もこの項で詳述する。

海外の実例編集

ノースウェスタン大学のロースクールプログラムには、法務博士・法学博士一貫教育が存在する[1]。取得に6年かかる。

コロンビア大学の音楽学部作曲科を含め、多くのアメリカの大学には修士・博士一貫教育が準備されているところが多い[2]。たいていは5年である。

アメリカ合衆国の大学院数学科は、一切の例外のない修士・博士一貫教育である[3]。この場合、修士は博士号を取得できなかった人物の証明である[4]

日本の実例編集

修士・博士一貫課程は、日本にも浸透しつつある[5][6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ JD-PhD”. www.law.northwestern.edu. www.law.northwestern.edu. 2020年8月2日閲覧。
  2. ^ COMPOSITION LESSONS AND SEMINAR”. music.columbia.edu. music.columbia.edu. 2020年8月2日閲覧。
  3. ^ PhD Program”. mathematics.stanford.edu. mathematics.stanford.edu. 2020年8月2日閲覧。
  4. ^ 学校の勉強しかできないあなたへ”. mywarstory.tokyo. mywarstory.tokyo. 2020年9月24日閲覧。
  5. ^ 修士・博士課程前期課程・一貫制博士課程(1~2回生)”. www.ritsumei.ac.jp. 立命館大学. 2020年8月3日閲覧。
  6. ^ 博士一貫コース設置専攻”. www.idep.titech.ac.jp. 東京工業大学. 2020年8月3日閲覧。

関連項目編集