メインメニューを開く

俺たちサボテン・アミーゴ』(原題: Casa de mi Padre)は、2012年制作のアメリカ合衆国ウエスタンコメディ映画

俺たちサボテン・アミーゴ
Casa de mi Padre
監督 マット・ピエモント
脚本 アンドリュー・スティール
製作 ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
エミリオ・ディエス・バロッソ
ダーレーン・カーマノ・ロケット
アンドリュー・スティール
製作総指揮 ケヴィン・メシック
スコット・ランプキン
ジェシカ・エルバウム
ビリー・ロフサール
アレックス・ガルシア
音楽 アンドリュー・フェルテンスタイン
ジョン・ノー
撮影 ラムジー・ニッケル
編集 デビッド・トラクテンバーグ
製作会社 ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ
NALA Films
配給 アメリカ合衆国の旗 Pantelion Films
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年9月29日
日本の旗 2013年1月19日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 スペイン語
英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $8,041,667[2]
アメリカ合衆国の旗 $5,909,483[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

故郷のメキシコの家へと帰宅するアルマンドは、道中仲間のエステバン、マヌエルと共に麻薬の密売人オンザの殺人現場を目撃する。凄惨な現場を目撃したものの、弟のラウルが帰ってくるからと気持ちを切り替えその場を去る。アルマンドはアルヴァレス家の豪邸へと到着し、父のミゲルに会う。父と話し合いの途中、ラウルが帰郷し亡き母を除き家族勢揃いとなる。そこでラウルは連れてきていた婚約者のソニアを招き入れる。ラウルはソニアとの結婚の承諾をミゲルに頼み、ミゲルはあっさり承諾する。ソニアを見たアルマンドは彼女の美貌に惹かれていく。次第に二人きりになるチャンスが到来しアルマンドは彼女と乗馬し秘密の池へと到着する。そこで自身の悲惨な過去を打ち明ける。しばらく話した後銃声が聞こえ、聞こえた方に向かい道中で倒れている中年男性に遭遇する。そこで彼を助けようとするソニアだが、もう死ぬからと全く何も対応せずアルマンドは冷たくあしらう。その男性は自身の車のトランクの中身の物を持って行けと要求し、アルマンドはトランクをあけ麻薬を発見する。そこでその男性がヤクの売人であった事とソニアの事を知っていた事が判明する。やがてその男性は死にアルマンドの態度にソニアはキレ、口論になる。そしてソニアからラウルのある秘密をアルマンドは聞かされる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

2010年8月にNALAフィルム英語版エミリオ・ディエス・バロッソ英語版とダーレーン・カーマノ・ロケットは、ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ英語版ウィル・フェレルアダム・マッケイ、ケヴィン・メシック、ジェシカ・エルバウムと協力してスペイン語コメディ映画『Casa de mi Padre』を製作することを発表した。ロケットは製作について、「私たちはスペイン語を教える1か月間、彼(フェレル)が全力で突き進んでいたことにわくわくしていました」と語っている[3]。同年10月にガエル・ガルシア・ベルナルディエゴ・ルナジェネシス・ロドリゲスペドロ・アルメンダリス・Jrエクトル・ヒメネスエイドリアン・マルティネスが出演することが発表された。また、マット・ピエモント英語版が監督を務めること、物語はテレノベラ形式になることも発表された[4]。撮影は24日間かけて行われ、600万ドルの製作費が投じられた[1]

公開編集

2011年11月にパンテリオン・フィルム英語版テレビサがアメリカから配給権利を取得し、同時にアメリカ公開が2012年3月16日であることが発表された[5]。アメリカでは368スクリーンで公開されている[1]。また、3月14日にはグローマンズ・チャイニーズ・シアターでプレミア上映が行われた[6]

公開初週に220万ドルの興行成績を挙げ、観客の割合は男性51%、ヒスパニック68%となっている[7]。5月17日に上映が終了し、アメリカの興行成績は約590万ドル、世界興行成績は約800万ドルとなった[2]

脚注編集

  1. ^ a b c The Universal Language of Will Ferrell”. The New York Times (2012年3月14日). 2018年5月13日閲覧。
  2. ^ a b c Casa De Mi Padre (2012)”. Box Office Mojo. 2018年5月11日閲覧。
  3. ^ Will Ferrell to Star in Spanish-Language Comedy”. ComingSoon.net. CraveOnline (2010年8月5日). 2011年4月15日閲覧。
  4. ^ Kit, Borys (2010年10月14日). “'Y tu mama tambien' duo join Will Ferrell film”. The Hollywood Reporter. 2011年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月15日閲覧。
  5. ^ Fernandez, Jay (2011年11月2日). “Will Ferrell Comedy Casa de mi Padre Picked Up By Pantelion Films”. The Hollywood Reporter. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月3日閲覧。
  6. ^ Upcoming Premieres”. Grauman's Chinese Theatre. 2012年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月14日閲覧。
  7. ^ McClintock, Pamela (2012年3月18日). “Specialty Box Office: Will Ferrell's Spanish-Language Casa de Mi Padre Pleases with $2.2 Mil”. The Hollywood Reporter. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月18日閲覧。

外部リンク編集