メインメニューを開く

2012年の映画(2012ねんのえいが)では、2012年(平成24年)の映画分野の出来事(動向)について記述する。

目次

出来事編集

周年編集

日本の映画興行編集

  • 入場者数 1億5516万人[4]
  • 興行収入 1951億9000万円[4]
配給会社別年間興行収入
配給会社 番組数 年間興行収入 前年対比 備考
松竹 18 074億2297万円 076.1% 2010年から下降が継続している。
東宝 34 741億3577万円 125.4% 東宝歴代2位の年間興行収入。邦画興行収入トップテンのうち9番組を東宝が占めた。
東映 27 175億3889万円 104.8% ONE PIECE FILM Z』の大ヒットや定番の仮面ライダーやアニメの安定した数字が好成績につながった。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を配給した子会社のティ・ジョイを加えれば興行収入は200億円を超える。
出典:「2012年 日本映画・外国映画 業界総決算」『キネマ旬報2013年平成25年)2月下旬号、キネマ旬報社、2013年、 204 - 210頁。

各国ランキング編集

日本興行収入ランキング編集

2012年日本興行収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 興行収入
1 BRAVE HEARTS 海猿   東宝 73.3億円
2 テルマエ・ロマエ   東宝 59.8億円
3 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望   東宝 59.7億円
4 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル   パラマウント映画 53.8億円
5 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q   ティ・ジョイ/カラー 53.0億円
6 おおかみこどもの雨と雪   東宝 42.2億円
7 バイオハザードV リトリビューション    ソニー 38.1億円
8 ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜   東宝 36.2億円
9 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ   東宝 36.1億円
9 アベンジャーズ   ディズニー 36.1億円
出典:2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング編集

2012年全世界興行収入トップ10
順位 タイトル スタジオ 興行収入
1 アベンジャーズ マーベル・スタジオ $1,519,557,910
2 007 スカイフォール コロンビア映画 $1,108,561,013
3 ダークナイト ライジング ワーナー・ブラザース $1,084,939,099
4 ホビット 思いがけない冒険 ワーナー・ブラザース $1,021,103,568
5 アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険 20世紀フォックス $877,244,782
6 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 ライオンズゲート/サミット $829,746,820
7 アメイジング・スパイダーマン コロンビア映画 $757,930,663
8 マダガスカル3 パラマウント映画/ドリームワークス $746,921,274
9 ハンガー・ゲーム ライオンズゲート $694,394,724
10 メン・イン・ブラック3 コロンビア映画 $624,026,776
出典:2012 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月27日閲覧。

北米興行収入ランキング編集

2012年北米興行収入トップ10
順位 タイトル スタジオ 興行収入
1 アベンジャーズ マーベル・スタジオ $623,357,910
2 ダークナイト ライジング ワーナー・ブラザース $448,139,099
3 ハンガー・ゲーム ライオンズゲート $408,010,692
4 007 スカイフォール コロンビア映画 $304,360,277
5 ホビット 思いがけない冒険 ワーナー・ブラザース $303,003,568
6 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 ライオンズゲート/サミット $292,324,737
7 アメイジング・スパイダーマン コロンビア映画 $262,030,663
8 メリダとおそろしの森 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ $237,283,207
9 テッド ユニバーサル・スタジオ $218,815,487
10 マダガスカル3 パラマウント映画/ドリームワークス $216,391,482
出典:2012 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月27日閲覧。

日本公開作品編集

受賞編集

死去編集

日付 名前 出身国 年齢 職業
1月 2日 真樹日佐夫   71 小説家・空手家
野口竜   78 漫画家・イラストレーター
5日 林光   80 作曲家
6日 足立明   75 放送作家
7日 二谷英明   81 俳優
8日 玉木宏樹[5]   68 作曲家
12日 別宮貞雄   89 作曲家
16日 エフロン・アトキン   59 俳優、声優
21日 石岡瑛子[6]   73 美術監督・衣裳デザイナー
24日 テオ・アンゲロプロス[7]   76 映画監督
ジェームズ・ファレンティノ   73 俳優
29日 河野典生   77 小説家
2月 2日 石田勝心   79 映画監督
3日 ベン・ギャザラ[8]   81 男優
9日 大平シロー   55 笑い芸人・放送作家
10日 左右田一平[9]   81 男優
11日 ホイットニー・ヒューストン[10]   48 歌手・女優
12日 磯邊律男   89 博報堂代表取締役相談役
デイビッド・ケリー[11]   82 男優
13日 三崎千恵子[12]   91 女優
16日 淡島千景[13]   87 女優
17日 奥中惇夫[14]   81 映画監督
19日 井上泰幸[15]   89 美術監督
22日 北公次   63 元・フォーリーブスリーダー
25日 エルランド・ヨセフソン   88 俳優
28日 中村美代子   89 女優
29日 デイビー・ジョーンズ   66 元・ザ・モンキーズメンバー
3月 5日 ロバート・シャーマン[16]   86 作曲家
6日 紗ゆり   55 声優
7日 山口美江   51 フリーキャスター
8日 飯田和平   75 俳優・声優
10日 ジャン・ジロー   73 漫画家
12日 浜かおる   64 女優
13日 ミシェル・デュショソワ[17]   73 男優
14日 ピエール・シェンデルフェール[18]   83 脚本家・映画監督
17日 藤岡太郎   47 俳優・お笑い芸人
19日 ウール・グロスバード[19]   83 映画監督・プロデューサー・舞台監督
20日 石黒昇   73 アニメーター・映画監督
25日 アントニオ・タブッキ   68 作家
29日 ルーク・アスキュー   80 俳優
4月 4日 クロード・ミレール[20]   70 映画監督・脚本家
5日 影丸穣也   72 漫画家
8日 安岡力也[21]   63 男優
9日 青野武   75 声優
14日 荒木しげる[22]   63 男優
19日 リヴォン・ヘルム   71 ザ・バンドのメンバー
24日 土田世紀   43 漫画家
28日 簗正昭[23]   67 男優
29日 ジョエル・ゴールドスミス[24]   54 映画音楽作曲家
5月 15日 中原早苗   76 女優
16日 小林すすむ   58 俳優
19日 杉山平一   97 詩人・映画評論家・帝塚山学院大学名誉教授
29日 新藤兼人[1]   100 映画監督
30日 尾崎紀世彦   69 歌手
6月 2日 キャスリン・ジューステン   73 女優
8日 赤江瀑   79 小説家
15日 伊藤エミ   70 元・ザ・ピーナッツ
19日 リチャード・リンチ   72 俳優
20日 アンドリュー・サリス   83 映画批評家
24日 永畑道子   81 ノンフィクション作家
26日 ノーラ・エフロン   71 脚本家・映画監督
27日 高村章子   89 女優・声優
28日 小野ヤスシ   72 俳優
29日 地井武男   70 俳優
7月 3日 アンディ・グリフィス   86 俳優・テレビプロデューサー・歌手
7日 遠藤太津朗   84 俳優
8日 アーネスト・ボーグナイン   95 俳優
9日 山田五十鈴   95 女優
12日 和田嘉訓   76 映画監督・脚本家
13日 リチャード・D・ザナック   77 映画プロデューサー
セイジ・スタローン   36 俳優・映画監督
15日 セレステ・ホルム   95 女優
高林陽一   81 映画監督・映画プロデューサー
17日 小島秀哉   78 俳優
21日 ズザンネ・ロター   51 女優
22日 フランク・ピアソン   87 脚本家、映画監督
25日 清川新吾   73 俳優
29日 クリス・マルケル   91 作家・写真家・映画監督
31日 ゴア・ヴィダル   86 小説家・劇作家・評論家・脚本家・俳優・政治活動家
8月 1日 津島恵子[25]   86 女優
6日 マーヴィン・ハムリッシュ   68 作曲家
10日 カルロ・ランバルディ   86 視覚効果アーティスト
15日 ハリイ・ハリスン   87 SF作家
16日 ウィリアム・ウィンダム   88 俳優
19日 トニー・スコット[26]   68 映画監督
21日 内藤武敏   86 俳優
29日 春日野八千代   96 女優
9月 1日 ハル・デヴィッド   91 作詞家
3日 マイケル・クラーク・ダンカン   54 俳優
5日 堀川弘通   95 映画監督
10日 スタンリー・ロング   78 脚本家・撮影監督・編集者
11日 登石雋一   80 元・東映アニメーション代表取締役社長・元・東映ラボ・テック代表取締役社長
25日 アンディ・ウィリアムス   84 ポピュラー歌手
29日 冴島奈緒   44 歌手・女優
10月 1日 高田拓土彦   68 俳優・脚本家・映画監督
2日 大滝秀治   87 俳優
3日 馬渕晴子   75 女優
4日 井川邦子   88 女優
5日 クロード・ピノトー[27]   87 映画監督・脚本家
エドヴァルド・ミルゾヤン   91 作曲家
9日 大山克巳   82 俳優
10日 近藤司[28]   81 美術監督
11日 東祥高   64 作曲家、
13日 山田吾一   79 俳優
14日 今井和子[29]   81 女優
17日 若松孝二   76 映画監督
シルビア・クリステル   60 女優
20日 レイモンド・L・ワトソン   86 元・ウォルト・ディズニー・カンパニー代表取締役会長
22日 太田蘭三   83 小説家
26日 長野洋   78 脚本家
桑名正博   59 ミュージシャン・俳優
29日 石川進   79 歌手・声優・俳優
30日 藤本義一   79 小説家・放送作家
11月 2日 橋本文雄   84 録音技師・日本映画・テレビ録音協会顧問
6日 石上三登志   73 映画評論家
8日 ルシール・ブリス   96 女優
10日 森光子   92 女優
桜井センリ   86 俳優
12日 伊藤邦男   82 テレビ朝日相談役
15日 小林俊一   79 テレビプロデューサー・日本映画テレビプロデューサー協会常務理事
荒川太朗   56 俳優・声優
16日 斎藤美和   85 女優
17日 牧野エミ   53 タレント・振付師
19日 井上雪子[30]   97 女優
宮史郎   69 演歌歌手
21日 デボラ・ラフィン   59 女優
22日 玄也   23 俳優・スタントマン
23日 ラリー・ハグマン   81 俳優
25日 斎藤光正   80 映画監督
12月 1日 ジョゼ・ベナゼラフ   90 映画監督・脚本家
3日 小月冴子   89 女優
4日 ヘリット・ファン・ダイク   74 映画監督・アニメーター
5日 中村勘三郎 (18代目)   57 歌舞伎役者
6日 佐藤允   78 俳優
9日 竹花梓   36 女優
10日 小沢昭一   83 俳優
11日 ラヴィ・シャンカル   92 作曲家
19日 中沢啓治   73 漫画家
24日 チャールズ・ダーニング   80 俳優
ジャック・クラグマン   90 俳優
リチャード・ロドニー・ベネット   76 作曲家
26日 ジェリー・アンダーソン   83 映像作品プロデューサー
27日 千石規子   90 女優
谷口節   65 声優
ハリー・ケリー・ジュニア   91 俳優
28日 ジョン・フィンチ   70 俳優
29日 阿部征司   75 テレビプロデューサー
30日 ベアテ・シロタ・ゴードン   89 舞台美術監督
31日 ジャン=アンリ・ロジェ   63 映画監督・俳優

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b 国内最高齢監督・新藤兼人さん、100歳で人生に幕”. スポーツ報知 (2012年5月30日). 2012年5月30日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 笠智衆以来、高倉健が菊池寛賞 日刊スポーツ、2012年10月16日
  3. ^ “東京国際映画祭:グランプリは「もうひとりの息子」 仏映画が2年連続受賞”. 毎日新聞デジタル. (2012年10月28日). http://mantan-web.jp/2012/10/28/20121028dog00m200015000c.html 
  4. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  5. ^ 作曲家玉木宏樹氏死去ドラマなど手掛ける”. 日刊スポーツ (2012年1月13日). 2012年3月20日閲覧。
  6. ^ 世界的デザイナー、石岡瑛子さん死去”. 産経新聞 (2012年1月27日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ ギリシャの映画監督・アンゲロプロス氏、交通事故で死去”. 朝日新聞 (2012年1月25日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ Ben Gazzara, Risk-Taking Actor, Is Dead at 81” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2012年2月3日). 2012年3月20日閲覧。
  9. ^ 俳優の左右田一平さん死去”. CNN (2012年2月15日). 2012年5月16日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 米歌手ホイットニー・ヒューストンさん死去、48歳の若さで”. CNN (2012年2月12日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 映画『チャーリーとチョコレート工場』でチャーリーの祖父を演じたデヴィッド・ケリーが82歳で死去”. シネマトゥデイ (2012年2月14日). 2012年3月20日閲覧。
  12. ^ 「男はつらいよ」三崎千恵子さん死去 90歳記事を印刷する日記”. 日刊スポーツ (2012年2月14日). 2012年3月20日閲覧。
  13. ^ 独身貫いた私生活 淡島千景さん死去、邦画黄金期支えた名女優”. 産経新聞 (2012年2月17日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 「柔道一直線」「がんばれ!!ロボコン」の奥中惇夫監督死去”. 産経新聞 (2012年2月17日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 「ゴジラ」「日本沈没」特撮映画美術監督の井上泰幸さん死去”. 産経新聞 (2012年2月24日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ ロバート・シャーマン氏死去=「小さな世界」作曲家”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2012年2月7日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ Michel Duchaussoy est mort” (フランス語). ハフィントン・ポスト (2012年2月13日). 2012年3月20日閲覧。
  18. ^ Pierre Schoendoerffer, French director renowned for war films, dies at 83” (英語). ワシントン・ポスト (2012年2月14日). 2012年3月20日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ 「告白」監督、グロスバード氏死去” (日本語). 日刊スポーツ (2012年3月22日). 2012年5月16日閲覧。
  20. ^ 「レイプ殺人事件」監督のC・ミレール氏死去” (日本語). 産経新聞 (2012年4月5日). 2012年5月16日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ 安岡力也さん、心不全で死去…65歳” (日本語). デイリースポーツ (2012年4月8日). 2012年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月16日閲覧。
  22. ^ 荒木しげるさん、肺炎で死去…「仮面ライダーストロンガー」主役、目黒区議選2度出馬” (日本語). スポーツ報知 (2012年4月15日). 2012年5月16日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 簗正昭氏=俳優” (日本語). 読売新聞 (2012年4月30日). 2012年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月16日閲覧。
  24. ^ Stargate Composer Joel Goldsmith Dies At 54” (英語). airlockalpha.com (2012年4月30日). 2012年5月16日閲覧。
  25. ^ 訃報:津島恵子さん86歳=女優 代表作「ひめゆりの塔」[リンク切れ] 毎日.jp、2012年8月3日
  26. ^ トニー・スコット氏:飛び降り自殺か 「トップガン」監督[リンク切れ] 毎日.jp、2012年8月20日
  27. ^ “「ラ・ブーム」のクロード・ピノトー監督死去”. スポーツ報知. (2012年10月6日). オリジナルの2012年10月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20121006154141/hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121006-OHT1T00265.htm 
  28. ^ “映画美術監督の近藤司氏死去”. 日刊スポーツ. (2012年10月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20121011-1031218.html 
  29. ^ “今井和子さん死去 「北の国から」「家政婦は見た!」など出演”. スポーツニッポン. (2012年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/10/19/kiji/K20121019004362370.html 
  30. ^ “映画俳優の井上雪子さん死去 小津作品に出演”. 朝日新聞. (2012年11月22日). http://www.asahi.com/obituaries/update/1121/TKY201211210344.html [リンク切れ]