倉塚 平(くらつか たいら、1928年11月1日 - 2011年5月)は、日本の宗教学者、政治思想史学者。明治大学名誉教授。

来歴編集

広島県に生まれる。1952年東京大学法学部卒業。明治大学助手、助教授、政経学部教授を勤め1998年定年退職、名誉教授。

はじめ宗教思想を研究、政治思想史にも関心を示し、1968-1969年西ドイツミュンスター大学に留学、1984年に女性史研究家の妻・倉塚曄子と死別。『ユートピアと性』は米国のオナイダ・コミュニティの詳細なレポートである。2011年沒、享年82。

著書編集

編纂
  • 宗教改革と都市 中村賢二郎共編 刀水書房 1983
  • 白智鳥 回想の倉塚曄子 私家版 1986

翻訳編集