メインメニューを開く

倉敷地(くらしきち)は、中世から近世の日本の領地支配において使用された用語である。

概要編集

中世の荘園や近世の大名領・幕府領などの領地・支配地における年貢や貢納物を領主の所在地に輸送する目的で、一時的にその物資を保管しておく場所、およびその建造物倉庫)のことである。

その地には屋敷が建ち並んだことから、蔵屋敷が転訛したものともいわれる。

その蔵(倉庫)に物品を預けたときに支払う保管料は、倉敷料(くらしきりょう)・敷料(しきりょう)と呼ばれる。

かつて倉敷地だったところは、地名にその名残を留めているところもあり、倉敷市岡山県)はその代表格である。

参考文献編集

関連項目編集