倉敷市立磯崎眠亀記念館

倉敷市立磯崎眠亀記念館(くらしきしりついそざきみんききねんかん)とは、岡山県倉敷市茶屋町にある記念館である。磯崎眠亀の旧宅およびい草の手織体験施設である「花むしろ工房」からなる[3]。日本遺産「一輪の綿花から始まる倉敷物語」を構成する文化財の一つである[4]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 倉敷市立磯崎眠亀記念館
Isozaki Minki Memorial hall.jpg
正門
倉敷市立磯崎眠亀記念館の位置(岡山県内)
倉敷市立磯崎眠亀記念館
岡山県内の位置
施設情報
専門分野 花筵
来館者数 3411人(2019年度)[1]
事業主体 倉敷市教育委員会 生涯学習部 文化財保護課[1]
管理運営 磯崎眠亀顕彰会(指定管理者 2019年現在)[1]
年運営費 約192万円(2019年現在)[1]
開館 1988年(昭和63年)
所在地 710-1101
日本の旗 日本
岡山県倉敷市茶屋町195番地[2]
位置 北緯34度34分39秒 東経133度49分20秒 / 北緯34.57750度 東経133.82222度 / 34.57750; 133.82222座標: 北緯34度34分39秒 東経133度49分20秒 / 北緯34.57750度 東経133.82222度 / 34.57750; 133.82222
最寄駅 JR西日本宇野線茶屋町駅
最寄バス停 下電バス磯崎眠亀記念館前
外部リンク 倉敷市立磯崎眠亀記念館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

明治時代に花筵(かえん,はなむしろ)のひとつである錦莞筵(きんかんえん)を創作した磯崎眠亀の功績を記念し,眠亀が使用していた建物、作品及び関係資料を一般に公開するとともに、花莚の製作技術に関する学習の機会を提供することにより、市民の教養及び文化の向上に寄与することを目的として設立された[5]。眠亀に関する資料や錦莞筵(きんかんえん)、眠亀が発明した織機の復元機を展示している。

建屋は、木造2階建の入母屋造本瓦葺であり、1874年(明治7年)に眠亀の住宅兼作業場として建築された。その後、修理を経て、1988年(昭和63年)に「倉敷市立磯崎眠亀記念館」として公開された。建屋の特徴として、荷物の搬送のために1階と2階とはスロープで結ばれており、さらに土間の吹き抜け部分には滑車が取り付けられている。式台形式の玄関の戸は、菱形の桟(さん)が入り、回転と横滑りによって開閉する。2階の窓に取り付けられた雨戸は、外に向けて突き出す動きをする。

2000年(平成12年)11月18日、登録有形文化財[6]に登録された。2015年(平成27年)1月に『花むしろ工房』が開館し、い草の手織を体験することができる。

休館日・料金編集

休館日編集

  • 月曜日[7](休日の場合開館)[8]
  • 年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)[7]

料金編集

アクセス編集

鉄道編集

バス編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 指定管理業務評価結果書
  2. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第2条
  3. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第2条2
  4. ^ 一輪の綿花から始まる倉敷物語 日本遺産
  5. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第1条
  6. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館 文化財オンライン
  7. ^ a b 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第8条
  8. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第8条2
  9. ^ 倉敷市立磯崎眠亀記念館条例 第10条

外部リンク編集