倉智 恒夫(くらち つねお、1936年 - )は、フランス文学・比較文学者、千葉大学名誉教授。

経歴編集

東京出身。静岡大学卒、1960年東京大学大学院比較文学比較文化入学、1963年修士課程修了、静岡大学助教授を経て千葉大学教授を務め、2002年定年退官、川村学園女子大学教授を2007年まで務めた。マリオ・プラーツ『肉体と死と悪魔』の訳で知られる。フランス世紀末文学を専攻。

翻訳編集

  • 獣人 ゾラ 河内清共訳 世界文学全集 筑摩書房 1967
  • 象徴主義 チャールズ・チャドウィック 研究社出版 1972 (文学批評ゼミナール)
  • 室内 世紀末劇集 モーリス・メーテルランク 共訳 国書刊行会 1984.11 (フランス世紀末文学叢書)
  • 死都ブリュージュ・霧の紡車 ジョルジュ・ロデンバック 田辺保共訳 国書刊行会 1984.7 (フランス世紀末文学叢書)
  • 肉体と死と悪魔 マリオ・プラーツ 草野重行、土田知則、南条竹則共訳 国書刊行会 1986.11 (クラテール叢書)、新版2000
  • ムーレ神父のあやまち ゾラ 藤原書店 2003.10 (ゾラ・セレクション)