メインメニューを開く

倉石 あつ子(くらいし あつこ、1945年 - )は、日本の民俗学者跡見学園女子大学文学部教授、文学部長。女性問題を中心とした民俗学研究を行う。

来歴編集

長野県生まれ。國學院大學文学部卒業、1975年長野県史刊行会勤務、1993年國學院大學日本文化研究所共同研究員、その他各大学非常勤講師を経て、1999年跡見学園女子大学文学部助教授、2004年教授。1997年-2002年日本民俗学会理事、2005年理事再任、その他地域の文化事業関係の役職を歴任。夫は民俗学者・倉石忠彦[1]

著書編集

  • 柳田国男と女性観 主婦権を中心として 三一書房 1995
  • 子どもと老人の民俗誌 岩田書院 2001
  • 女性民俗誌論 岩田書院 2009
編著
  • 人生儀礼事典 小松和彦宮田登共編 小学館 2000
  • 近代女性の暮らし 岩田書院 2004

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 上野誠. “ようこそ上野誠の万葉エッセイへ”. 2011年11月12日閲覧。