本来の表記は「俱難」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

倶難(ぐなん、生没年不詳)は、五胡十六国時代前秦軍人金城郡の出身。弟に前秦の右将軍倶石子。前秦の勢力拡大に貢献したが、最後は東晋に大敗した罪を問われ、庶人に落とされた。

生涯編集

前秦に仕え、後将軍に任じられていた。

371年3月、桃山に拠っていた東晋蘭陵郡太守張閔子を攻めたが、東晋の大司馬桓温が兵を繰り出した兵に敗れて退却した。後に并州刺史に任じられた。

376年10月、苻堅は北討大都督苻洛幽州兵10万を与えて王の拓跋什翼犍を攻撃させた。倶難は前将軍朱肜・尚書趙遷・尚書李柔・鎮軍将軍鄧羌・前禁将軍張蚝・右禁将軍郭慶らと共に歩兵騎兵合わせて20万を率いて苻洛軍と合流した。前秦軍は迎え撃ってきた拓跋什翼犍を撃破して弱水に後退させ、さらに追撃を掛けて窘迫に近づくと、拓跋什翼犍は陰山まで軍を退いた。12月、代国内で内乱が起こり、拓跋什翼犍は息子の拓跋寔君に殺害された。これを好機として前秦軍は雲中へ急行すると、瞬く間に代を制圧した。

378年7月、苻堅の命により、倶難は右禁将軍毛盛洛州刺史邵保らと共に歩騎7万を率いて淮陰盱眙に侵攻した。379年2月、倶難は淮陰を攻略すると、邵保にこれを守らせ、自らは彭城を占拠していた彭超と合流した。

4月、毛当王顕が2万の兵を率いて襄陽から援軍にやってくると、倶難はこれと軍を合わせて淮南へ侵攻した。

5月、倶難らは盱眙を攻略し、建威将軍・高密内史毛璪之を捕らえた。さらに前秦軍は侵攻を続け、6万の兵で幽州刺史田洛の守る三阿を包囲した。広陵からわずか百里の地であったので、東晋朝廷は大震し、江に臨んで守備兵を陳列すると共に、征虜将軍謝石に水軍を与えて塗中に駐屯させた。

兗州刺史謝玄は3万の兵を率いて広陵より三阿救援に向かい、白馬塘まで進軍した。これに対し、倶難は配下の都顔に騎兵を与えて謝玄の迎撃に向かわせたが、塘西において都顔は敗戦を喫して戦死した。謝玄は三阿まで軍を進めると、倶難・彭超はこれを迎え撃つも敗戦を喫し、盱眙まで後退して守りを固めた。

6月、謝玄は軍を石梁まで進めると、田洛に兵5万を与えて盱眙を攻撃させた。倶難・彭超はこれに再び敗戦を喫し、さらに淮陰まで軍を後退させた。謝玄は何謙・督護諸葛侃に水軍を与えて上流へと向かわせ、その夜には淮水に掛かる淮橋を焼き払い、またも倶難らを撃った。倶難らは再び敗れて邵保が戦死し、さらに淮北まで後退した。謝玄は何謙・戴逯・田洛と共にこれを追撃し、倶難らは君川において追いつかれてまたも大敗を喫した。倶難・彭超は北へ逃走し、辛うじて逃げ果たした。倶難は今回の失態を全て彭超一人に押し付け、彼の司馬である柳渾を処断した。

7月、敗戦の報を聞いた苻堅は激怒し、檻車を送って彭超を廷尉に下した。彭超は自害し、倶難は爵位を削られて庶人に落された。

これ以後、倶難の行跡は史書に記されていない。

参考文献編集

関連事項編集