大司馬(だいしば)は、中国の王朝の官名の一つ。主に軍事を取り仕切り、現在の役職に例えれば国防長官である。ただし、その上に大将軍職が設けられる場合もあった。

概要編集

春秋戦国時代では、兵馬(軍事)を司る省の長だったようである。

代には太尉と呼ばれていた武官の職である。

前漢では、三公(三つの最高官職の内の一つ)の中の一つであった。恵帝6年(紀元前189年)に周勃が太尉となったのがでの最初である。武帝建元2年(紀元前139年)に田蚡が免官されて以後は太尉は置かれず、事実上の廃止となる。武帝の元狩4年(紀元前119年)に大将軍衛青驃騎将軍霍去病を並立させるため、初めて大司馬が霍去病に与えられ、将軍号に冠した。宣帝地節2年(紀元前68年)に、大司馬・大将軍霍光が亡くなると、宣帝はその子の霍禹を単に大司馬とし、将軍号を削って兵権を奪った。この時のみ大司馬には兵権が無かった。その後も三公での順位や将軍号の有無の変遷があったが、大司馬の職位は続いた。

王莽を打倒した更始帝も大司馬を置き、劉秀は当初、兼務の行大司馬として河北に渡った。劉秀が皇帝に即位すると、また大司馬を置き、呉漢が任じられた。

後漢建武27年(51年)に太尉に置き換わった。

には、太尉と並立しながらも三公より格上の職として復活し、曹仁などの大物が就任した。

大司馬就任者の一覧編集

  •       前後左右大司馬
  •       行大司馬事
  •       自称
  •       追贈

漢代編集

前漢編集

注記のない限り『漢書』百官公卿表による。

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
衛青 大将軍 武帝 元狩4年

前119年

元封5年

前106年

大将軍 死去 武帝衛皇后の弟
霍去病 驃騎将軍 元狩4年

(前119年)

元狩6年9月

前117年

驃騎将軍 死去 衛皇后・衛青の甥
霍光 大将軍 後元2年2月丁卯

前87年

地節2年3月庚午

前68年

侍中奉車都尉 死去 霍去病の異母弟

昭帝上官皇后の母方の祖父

宣帝霍皇后の父

張安世 車騎将軍衛将軍 宣帝 地節3年4月戊申

前67年

元康4年8月丙寅

前62年

車騎将軍 死去 張湯の子
霍禹 右将軍 地節3年

(前67年)

地節3年7月壬辰

(前67年)

右将軍 処刑 霍光の子

上官皇后の伯父

霍皇后の兄

韓増 車騎将軍 神爵元年

前61年

五鳳2年4月己丑

前55年

前将軍 死去 韓王信の玄孫

韓説の子

許延寿 車騎将軍 五鳳2年5月

(前55年)

甘露元年3月丁巳

前53年

強弩将軍 死去 許広漢の弟

宣帝許皇后の叔父

成帝許皇后の祖父

史高 車騎将軍 黄龍元年12月癸酉

前49年

永光元年7月癸未

前43年

侍中 引退 史良娣の甥

史皇孫劉進の従兄弟

史丹の父

王接 車騎将軍 元帝 永光元年9月戊子

(前43年)

永光3年4月癸未

前41年

侍中

衛尉

死去 悼后の甥
許嘉 車騎将軍 永光3年7月壬戌

(前41年)

建始3年8月癸丑

前30年

左将軍衛尉 罷免 許延寿の子

宣帝許皇后の従兄弟

成帝許皇后の父

王鳳 大将軍 成帝 竟寧元年6月己未

前33年

陽朔3年8月丁巳

前22年

侍中

衛尉

死去 成帝王皇后の兄

王莽の伯父

王音 車騎将軍 陽朔3年9月甲子

(前22年)

永始2年正月乙巳

前15年

御史大夫 死去 成帝王皇后の従弟

王鳳の従弟

王商 衛将軍 永始2年2月丁酉

(前15年)

永始4年11月庚申

前13年

特進 引退 王鳳の異母弟

成帝王皇后の異母弟

王莽の叔父

衛将軍

→大将軍

元延元年正月壬戌

前12年

元延元年12月辛亥

(前12年)

死去
王根 驃騎将軍

→(なし)

元延元年12月庚申

(前12年)

綏和元年7月甲寅

前8年

光禄勲 引退 王鳳の異母弟

成帝王皇后の異母弟

王莽の叔父

王莽 (なし) 綏和元年11月丙寅

(前8年)

綏和2年11月丁卯

前7年

侍中

騎都尉

光禄大夫

罷免 王鳳の甥

成帝王皇后の甥

師丹 (なし) 哀帝 綏和2年

(前7年)

綏和2年-建平元年

(前7年-前6年

左将軍 転任

大司空

傅喜 (なし) 建平2年4月丁酉

(前6年)

建平2年2月丁丑

前5年

侍中

光禄大夫

罷免 成帝傅昭儀の従弟
丁明 衛将軍

→驃騎将軍

建平2年

(前5年)

元寿元年9月己卯

前2年

罷免 丁姫の兄弟
傅晏 衛将軍 元寿元年

(前2年)

元寿元年

(前2年)

特進 罷免 傅昭儀の従弟

哀帝傅皇后の父

韋賞 車騎将軍 元寿元年11月壬午

(前2年)

元寿元年11月己丑

(前2年)

光禄大夫 死去
董賢 衛将軍 元寿元年12月庚子

(前2年)

元寿2年6月乙未

前1年

侍中

駙馬都尉

罷免
王莽 (なし) 平帝 元寿2年6月庚申

(前1年)

元始元年2月丙辰

後1年

転任 再任

編集

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
甄邯 (なし) 王莽 始建国元年正月

9年

始建国4年

12年

死去 [1]
孔永 (なし) 始建国4年

(12年)

始建国5年

13年

寧始将軍 引退 [1]
逯並 (なし) 始建国5年

(13年)

天鳳元年3月

14年

引退 [1]
苗訢 (なし) 天鳳元年3月

(14年)

天鳳2年

15年

五威将軍 左遷

→司命

[1]
陳茂 (なし) 天鳳2年

(15年)

天鳳3年7月

16年

罷免 [1]
荘尤 (なし) 天鳳3年7月

(16年)

天鳳6年

19年

罷免 [1][2]
董忠 (なし) 天鳳6年

(19年)

地皇4年7月

23年

殺害 [2]
王邑 (なし) 地皇4年

(23年)

地皇4年10月

(23年)

大司空 戦死 [2]

新末後漢初編集

名前 将軍号 君主 就任 退任 前職 退任理由 備考
朱鮪 (なし) 更始帝 更始元年2月辛巳

(23年)

建武元年9月辛卯

25年

光武帝に降伏 更始2年より左大司馬

[3][4]

劉秀 破虜将軍 更始元年9月

(23年)

建武元年6月己未

(25年)

司隷校尉 皇帝即位 行大司馬事

[3]

劉賜 (なし) 更始2年

24年

更始3年9月

(25年)

丞相 政権崩壊 前大司馬

[4]

趙萌 (なし) 更始2年

(24年)

更始3年9月

(25年)

政権崩壊 右大司馬

[4]

荘尤 (なし) 劉望 更始元年8月

(23年)

更始元年10月

(23年)

政権崩壊 新でも大司馬

[2][4]

李育 (なし) 王郎 更始元年12月

(23年)

更始3年

(25年)

政権崩壊 [5]
逄安 (なし) 劉盆子 建世元年6月

(24年)

建世3年閏月丙午

27年

光武帝に降伏 左大司馬

[6]

謝禄 (なし) 建世元年6月

(24年)

建世3年閏月丙午

(27年)

光武帝に降伏 右大司馬

[6]

弓林 (なし) 劉嬰 更始3年正月

(25年)

更始3年

(25年)

政権崩壊 [4]
蘇茂 (なし) 劉永 建武2年

26年

建武5年

29年

更始討難将軍

(光武帝)

政権崩壊 [7]

後漢編集

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
呉漢 (なし) 光武帝 建武元年7月壬午

(25年)

建武20年5月辛亥

44年

漢大将軍 死去 [3][8]
劉隆 驃騎将軍 建武20年6月壬辰

(44年)

建武27年5月丁丑

51年

左中郎将 大司馬廃止 行大司馬事

[3]

劉虞 (なし) 献帝 中平6年9月乙酉

189年

初平4年

193年

太尉 殺害 [9]
李傕 (なし) 興平2年5月壬午

195年

車騎将軍

領司隷校尉

自称?

[9][10]

張楊 (なし) 建安元年6月癸卯

196年

建安2年11月

197年

安国将軍 殺害 [9]
劉備 (なし) 建安24年秋

219年

建安26年4月丙午

221年

皇帝即位 自称

[11]

三国時代編集

曹魏編集

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
公孫康 (なし) 文帝 追贈

[12][13]

曹仁 (なし) 黄初2年12月己卯

(221年)

黄初4年3月丁未

223年

大将軍 死去 [12][14]
曹休 (なし) 明帝 黄初7年12月

226年

太和2年9月庚子

228年

征東大将軍 死去 [15][16]
曹真 (なし) 太和4年2月癸巳

230年

太和5年3月

231年

大将軍 死去 [15][17]
公孫淵 (なし) 青龍元年12月

233年

[15][13]

蜀漢編集

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
蔣琬 (なし) 後主 延熙2年3月

239年

延熙9年11月

246年

大将軍 死去 [18][19]

孫呉編集

名前 将軍号 皇帝 就任 退任 前職 退任理由 備考
呂範 (なし) 大帝 黄武7年

228年

黄武7年

(228年)

死去 [20][21]
朱然 (なし) 赤烏9年9月

(246年)

赤烏12年3月

249年

車騎将軍 死去 左大司馬

[20][22]

全琮 (なし) 赤烏9年9月

(246年)

赤烏10年正月

247年

衛将軍 死去 右大司馬

[20][23]

呂岱 (なし) 孫亮 太元元年閏月

251年

太平元年9月己丑

256年

上大将軍 死去 [24][25]
滕胤 (なし) 太平元年9月癸卯

(256年)

太平元年

(256年)

丞相 処刑 [24][26]
施績 (なし) 孫晧 元興元年8月

264年

建衡2年4月

270年

上大将軍 死去 左大司馬

[27][22]

丁奉 (なし) 元興元年8月

(264年)

建衡3年

271年

大将軍 死去 右大司馬

[27]

陸抗 (なし) 鳳凰2年8月

273年

鳳凰3年

274年

楽郷都督 死去 [27][28]

参考文献編集

  • 漢書』百官公卿表第七上

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『漢書』王莽伝中
  2. ^ a b c d 『漢書』王莽伝下
  3. ^ a b c d 『後漢書』光武帝紀
  4. ^ a b c d e 『後漢書』劉玄伝
  5. ^ 『後漢書』王郎伝
  6. ^ a b 『後漢書』劉盆子伝
  7. ^ 『後漢書』劉永伝
  8. ^ 『後漢書』呉漢伝
  9. ^ a b c 『後漢書』献帝紀
  10. ^ 『後漢書』董卓伝所引『献帝起居注』
  11. ^ 『三国志』蜀書2 先主伝
  12. ^ a b 『三国志』魏書2 文帝紀
  13. ^ a b 『三国志』魏書82 公孫度伝
  14. ^ 『三国志』魏書9 曹仁伝
  15. ^ a b c 『三国志』魏書2 明帝紀
  16. ^ 『三国志』魏書9 曹休伝
  17. ^ 『三国志』魏書9 曹真伝
  18. ^ 『三国志』蜀書3 後主伝
  19. ^ 『三国志』蜀書14 蔣琬伝
  20. ^ a b c 『三国志』呉書2 呉主伝
  21. ^ 『三国志』呉書11 呂範伝
  22. ^ a b 『三国志』呉書11 朱然伝
  23. ^ 『三国志』呉書15 全琮伝
  24. ^ a b 『三国志』呉書3 孫亮伝
  25. ^ 『三国志』呉書15 呂岱伝
  26. ^ 『三国志』呉書19 孫綝伝
  27. ^ a b c 『三国志』呉書3 孫晧伝
  28. ^ 『三国志』呉書13 陸遜伝

関連項目編集