元禄の大火(げんろくのたいか)とは、元禄年間の後半に江戸で発生した大火3件の総称。

  • 元禄10年(1697年)旧暦10月17日に発生した、大塚の善心寺を火元とする火災、武家屋敷363を焼失。
  • 元禄11年(1698年)旧暦9月6日に発生した、京橋南鍋町を火元とする火災、武家屋敷308・寺社232・町家1万8700を焼失 →「勅額火事」を参照。
  • 元禄16年(1704年)旧暦11月29日に発生した、小石川水戸藩上屋敷を火元とする火災、武家屋敷275・寺社75・町家2万を焼失 →「水戸様火事」を参照。

参考文献編集