元統(げんとう)は、中国の順帝(恵宗)トゴン・テムルの治世で用いられた元号1333年 - 1335年

西暦・干支との対照表編集

元統 元年 2年 3年
西暦 1333年 1334年 1335年
干支 癸酉 甲戌 乙亥

できごと編集

  • 元統元年:
    • 5月に、汴梁の横の川は氾濫し、陽武縣の作物に被害を与えた。[1]
    • 6月、京畿道で激しい雨が降った。さらに、陝西省の関中平野での洪水に加えて、黄河も河南省で洪水を起こした。また、中国南部の泉州で大雨が降り、小川が急上昇し、何百もの住宅が浮かんでいました。[2]
    • 7月、中国南部の潮州で洪水が発生した。[3]

関連項目編集

腳註編集

  1. ^ 元史·卷五十一·志第三下·五行二』:「元統元年五月,汴梁陽武縣河溢害稼。」
  2. ^ 元史·卷五十一·志第三下·五行二』:「六月,京畿大霖雨,水平地丈餘。涇河溢,關中水災。黃河大溢,河南水災。泉州霖雨,溪水暴漲,漂民居數百家。」
  3. ^ 元史·卷五十一·志第三下·五行二』:「七月,潮州大水。」
前の元号:
至順
中国の元号
次の元号:
至元