メインメニューを開く

先軍政治(せんぐんせいじ、朝鮮語: 선군정치 ソングンチョンチ)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の特に金正日政権において用いられた公式イデオロギーで、すべてにおいて軍事を優先し、朝鮮人民軍社会主義建設の主力とみなす政治思想である。先軍思想とも呼ばれる。2009年憲法改正によってチュチェ(主体)思想とともに指導思想として憲法に明記されるようになった。

金正日政権編集

先軍政治という言葉が北朝鮮のマスメディアに登場したのは金正日が朝鮮労働党中央委員会総書記に就任した1997年である。そして、金正日は先軍政治について「先軍政治は私の基本的な政治方式であり、我々の革命を勝利に導くための、万能の宝剣です」と述べたとされる(『労働新聞1999年6月16日付記事)。また、「人民軍隊は我々の革命の柱であり、チュチェ革命偉業完成の主力軍です」と述べたとされる。こうしたことから、社会主義建設においてプロレタリアートの役割を最重視するマルクス・レーニン主義とは根本的に異なる。そして、北朝鮮で出版された文献をみると、他の社会主義国は、労働者階級の党(共産党など)がまず建設され、それに基づき軍が建設されるという「先党後軍」の「先労政治方式」を採っているが、北朝鮮では逆に、金日成主席によって朝鮮人民軍の前身である朝鮮人民革命軍がまず創建され、祖国解放を成し遂げた後に朝鮮労働党が創建され、続いて軍を正規武力に強化発展させ、建国偉業を成し遂げたとしている。また、ソ連ルーマニアの社会主義政権崩壊を例に挙げ、それらの国々では軍事の問題を正しく解決しなかったことで、軍が反革命に同調してしまい、政権崩壊に導いたと分析している。

先軍政治が北朝鮮のメディアで喧伝されるようになるにつれ、金正日による軍の視察も盛んに報じられるようになった。そして、2002年9月17日、金正日が日朝平壌宣言に調印した際も、「朝鮮労働党総書記」ではなく「朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長」という肩書を用いた。こうしたことから、北朝鮮問題のアナリストである重村智計は、朝鮮労働党の支配がすでに形骸化しており、党が軍を指導するのではなく、軍が党を指導する状態になっていると指摘した。

金正恩政権編集

2016年6月29日の最高人民会議での憲法改正により国防委員会は廃止され国務委員会が設置された[1]。国防委員会は先軍体制の中心機関とみられていたことから、国防委員会の廃止は軍部が主導する政治から朝鮮労働党が指導する政治への変化とみられている[1]。国防委員会廃止以降は「先軍政治」という表現を避けて「軍事優先」の表現が使われるようになったと指摘されている[1]

国防委員会の国務委員会への変更に伴い、朝鮮人民軍の長老の呉克烈李勇武の二人が更迭され、国務委員会の副委員長に朝鮮労働党政治局常務委員の崔竜海朴奉珠が任命されるなど軍が指導する政治から党が指導する政治への転換がみられる[2]

脚注編集

関連書籍編集

  • キム・チョル『金正日将軍の先軍政治』(平壌出版社、2000年)
  • 重村智計『最新・北朝鮮データブック 先軍政治、工作から核開発、ポスト金正日まで』(講談社〈講談社現代新書〉、2002年 ISBN 4061496360

関連項目編集