先 軫(せん しん、生没年不詳)は、中国春秋時代武将政治家狐偃に見出されて文公に仕えた。

仕官編集

驪姫の乱によって晋国内が乱れたとき、献公によって太子申生は賜死に追い込まれ、次男重耳に亡命し、三男夷吾に亡命した。先軫は狄の狐氏によって匿われている重耳の元に訪れて仕官した。その際、その優れた武勇が狐偃の目に留まって次第に重く用いられるようになった。

流浪編集

驪姫の乱が収まり、夷吾が即位すると重耳に刺客を差し向けるようになり、危険を感じた重耳主従はへ亡命することにした。当時の斉は覇者と呼ばれた桓公の時代であったからである。亡命する重耳に従った者は僅かであったが、先軫はその一行の中で最も若かった。重耳の流浪の旅は結局19年続いたが、先軫は重耳が帰国するまで従った。

将軍編集

帰国した重耳は即位して文公となり、狐偃を宰相に据えて善政を行った。名望高い晋文公の元へ周王室から救援要請が届き、文公はこれに応える形で出陣した。王室の内乱を鎮定し、覇者の称号を得た文公のもとに諸侯は我先にと馳せ参じ、やがて晋の急速な成長に危険を感じた超大国・と激突することとなった。これが城濮の戦いである。このとき中軍の将郤縠が陣中で急死したので、新たに先軫が抜擢された。先軫は見事な計略を立てて楚を孤立させ、戦いを有利に持ち込むことに成功した。楚との戦いに勝利した晋文公は名実ともに覇者となった。

正卿編集

狐偃が死ぬと先軫は正卿(宰相)に抜擢され、国政を担った。文公の死後、襄公が即位すると隣国・穆公が晋に攻め入ってきたのでこれを迎撃し、三人の将軍を捕虜とした。しかし、襄公は母の諫言に従って三将軍を逃がしてしまったので、先軫は大いに怒り、襄公を面と向かって罵倒した。襄公は先軫の言い分の正しさを認めて罰しなかったが、先軫は内心これを悔やみ、との戦いで晋軍が劣勢に追い込まれたとき、冑を脱いで敵陣に突撃して戦死した。

参考文献編集