メインメニューを開く

東北楽天ゴールデンイーグルスの応援団

全国荒鷲連合会から転送)

東北楽天ゴールデンイーグルスの応援団(とうほくらくてんゴールデンイーグルスのおうえんだん)とはプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスを応援する応援団の事である。

目次

全国荒鷲連合会編集

全国荒鷲連合会(ぜんこくあらわしれんごうかい)は東北楽天ゴールデンイーグルス私設応援団連合である。略称は「全鷲連」(ぜんしゅうれん)。

概要編集

総本部・北海道荒鷲会・東北荒鷲会・関東荒鷲会[1]・関西荒鷲会・九州荒鷲会の6団体により構成されており、日本各地で応援活動を行っている。

応援スタイル編集

球団設立当初はサッカースタイルの応援をしていた私設応援団の存在もあったがそれらは淘汰され、全国荒鷲連合会が中心となって伝統的なスタイルでの応援が行われている。4・4・8拍子を主体に応援していた[2]

2018年から、日本ハムファイターズ、韓国プロ野球、千葉ロッテマリーンズで応援団、ロッテ球団職員であった神俊雄を球団主導で招聘。同時に4・4・8拍子を廃止し、3・3・7拍子での応援に移行した[1]

なお、ホームグラウンドである楽天生命パーク宮城でのプロ野球興業においては、トランペットの使用が禁止されているため、ドラム・拡声器のみを使用した応援となっていたが、2018年より笛の使用が解禁された。また、楽天野球団により、試合中にスピーカーを使用して応援歌を流すようになった。(楽天生命パーク宮城以外での応援の場合は、他の球団同様、トランペットを使用しての応援となっている)

体制変更編集

2019年シーズンから、全国荒鷲連合会6団体(総本部・北海道・東北・関東・関西・九州)は「イーグルス私設応援団」として1団体に統合されることが発表された[3]

仙台荒鷲会編集

仙台荒鷲会(せんだいあらわしかい)は東北楽天ゴールデンイーグルス私設応援団の一つであり、主に本拠地(仙台)を活動拠点として精力的に活動している団体であり、「全国荒鷲連合会」とは別の団体ではあるが、チームの勝利を目指し”共闘”している。

創設時は「荒鷲会」と称したが、全国荒鷲連合会とは無関係である。

2017年シーズン途中から活動自粛、同年シーズン終了をもって解散した。

その他の応援団編集

  • 飛翔会絆
  • 岩手アイアンイーグル
  • ひよこ
  • 楽天イーグルス応援パフォーマー

以前存在した応援団編集

  • 大阪金鷲会
  • リベロ
  • 王鷲会(おうしゅうかい)
  • 仙台仁会
  • 稲虎応援団
  • 気仙沼イーグルスファンの会
  • 楽天イーグルス応援プロデュースチーム

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 羽ばたけイーグルス 関東に楽天応援団 「選手ごとにテーマ曲を」”. 河北新報 (2005年3月17日). 2005年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月28日閲覧。
  2. ^ 高橋豪仁. “スポーツ応援文化の研究-プロ野球の私設応援団と後援会を対象にして-”. 科学研究費補助金データベース. 2011年5月3日閲覧。
  3. ^ お知らせ”. 全国荒鷲連合会日記 (2019年3月8日). 2019年3月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集