メインメニューを開く

全日本ビーチバレージュニア男子選手権

全日本ビーチバレージュニア男子選手権(ぜんにほんビーチバレージュニアだんしせんしゅけん)は、毎年8月に大阪府阪南市で開催されている、男子高校生を対象としたビーチバレーの全国大会。

目次

概要編集

基本的に参加選手の多くは、インドアの部活に属して、その関連でビーチもやっているが、回が進むにつれ、高校生からビーチ専門という選手も増えつつある。

出場選手をみると、春高などのインドアの全国大会に出ている選手も多い。

未来のオリンピック選手を育てるという目標のもと作られた大会で、選手レベルは総じて高い。

しかし地域活性化センターからの資金援助が2015年で打ち切られたことなどによる資金不足が要因で、2020年度以降の開催が危ぶまれている状況である[1]

テレビ放送編集

マドンナカップと違い、テレビでの放送はない。

歴代優勝者編集

優勝者
1 2002年 仲井間祐治・島袋慶史(沖縄)
2 2003年 佐田山普佑・松本大翼(鳥取)
3 2004年 呉屋一輝・新城保長(沖縄)
4 2005年 久高一彦・池間智暖(沖縄)
5 2006年 呉屋雄也・山口貴大(沖縄)
6 2007年 西新田雄平・安次富寛成(沖縄)
7 2008年 入石垣佑浩・玉那覇敬太(沖縄)
8 2009年 日名田暁・鎌田寛正(神奈川)
9 2010年 川村大樹・大島一成(兵庫)
10 2011年 藤田昂大 · 木村暢貴(大阪)
11 2012年 黒川魁・坂井毬人(特別推薦、大阪)
12 2013年 中川大成・齋藤侑亮(大阪)
13 2014年 中川大成・齋藤侑亮(大阪)
14 2015年[1] 瀧元一彰・関東亨哉(兵庫・神港学園高等学校

脚注編集