メインメニューを開く

ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会

ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会(ビーチバレージャパンじょしジュニアせんしゅけんたいかい)は、毎年8月に愛媛県伊予市五色姫海浜公園(第2回までは松山市)で開催されている、女子高校生を対象としたビーチバレーの全国大会。「マドンナカップ in いよし」の愛称がつけられている。

概要編集

アトランタオリンピックでインドアの代表だった佐伯美香は、大会での不振をきっかけとしてビーチバレーに転向、帰郷した。帰郷後、地元の企業ダイキが、新たにビーチバレーのチームを立ち上げ佐伯の受け皿となり、パートナーとしてほかに地元の選手をスカウトした。そしてこれを契機に、愛媛県ではビーチバレー熱が高まり、将来のオリンピック選手を育てようという目的から、ダイキを中心に地元企業が支援して、大会がスタートした。

基本的に参加選手の多くは、インドアの部活に属して、その関連でビーチもやっているが(浅尾美和も高校卒業後にビーチ転向)、回が進むにつれ、高校生からビーチ専門という選手も増えつつある(周藤玲美は高校3年で転向。神奈川代表として同大会に出場した。)。

近年の傾向編集

近年においては、東京都の私立共栄学園高等学校と、名古屋市立西陵高等学校が、常に優勝争いを繰り広げており、他のチームの大きな目標となっている。

テレビ放送編集

地元テレビ愛媛が番組制作し、後日、フジネットワークの一部局などで放送する。決勝戦の模様が主体となる。この他tvkサンテレビなどでも放送されている。

歴代優勝者編集

優勝校 優勝者
1 1997 博多女子(福岡) 池田好美 / 甲斐田明子
2 1998 文化女子大杉並(東京) 宮田真利子 / 梁川友紀
3 1999 文化女子大杉並(東京) 舩崎沙矢香 / 西舘亜希子
4 2000 日ノ本学園(兵庫) 長谷川恵子 / 井上京子
5 2001 藤沢高校(神奈川) 島本幸代 / 内田良子
6 2002 川之石(愛媛) 古田良美 / 道岡望
7 2003 共栄学園(東京) 草野歩 / 佐藤理栄子
8 2004 共栄学園(東京) 仲川香 / 櫻田みなみ
9 2005 共栄学園(東京) 渡部仁美 / 松本かおり
10 2006 西陵(愛知) 大森明日香 / 畦地里香
11 2007 西陵(愛知) 大原愛加 / 伊藤智帆
12 2008 駒場(東京) 藤井桜子 / 溝江明香
13 2009 淡路三原(兵庫) 福田千奈美 / 杉本佳奈美
14 2010 福知山成美(京都) 山本成美 / 土田みか
15 2011 淡路三原(兵庫) 伊藤遥 / 大橋玲那
16 2012 淡路三原(兵庫) 大橋玲那 / 大橋亜美
17 2013 福知山成美(京都) 北村咲幸 / 若井衣有
18 2014 福知山成美(京都) 藪見真歩 / 坪内紫苑
19 2015 福知山成美(京都) 出口花 / 西美穂

外部リンク編集