メインメニューを開く

不動明王

明王の一尊
八大童子から転送)

不動明王(ふどうみょうおう)、梵名アチャラナータ [注釈 2](अचलनाथ [acalanātha][2])は、仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格である明王の一尊。大日如来の化身とも言われる。また、五大明王の中心となる明王でもある。真言宗をはじめ、天台宗禅宗日蓮宗等の日本仏教の諸派および修験道で幅広く信仰されている。五大明王の一員である、降三世明王軍荼利明王大威徳明王金剛夜叉明王らと共に祀られる。

不動明王
Fudō Myōō.jpg
不動明王[注釈 1]
国宝醍醐寺蔵)
不動明王
梵名 「アチャラナータ」
(अचलनाथ acalanātha)
別名 阿遮羅曩他
お不動さん
無動明王
無動尊
無動使者
不動尊
大日大聖不動明王
経典大毘盧遮那成仏神変加持経
関連項目五大明王
 降三世明王
 軍荼利明王
 大威徳明王
 金剛夜叉明王

概要編集

密教の根本尊である大日如来の化身であると見なされている。「お不動さん」の名で親しまれ、大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれる。アジアの仏教圏の中でも特に日本において根強い信仰を得ており、造像例も多い。真言宗では大日如来脇侍として、天台宗では在家の本尊として置かれる事もある。縁日は毎月28日である。

真言・種子・三昧耶形編集

真言編集

不動明王の真言には以下のようなものがある。 一般には、不動真言の名で知られる、小咒(しょうしゅ)、一字咒(いちじしゅ)とも呼ばれる真言が用いられる。

「ノウマク サンマンダ バザラダン カン」
(namaḥ samantavajrānāṃ hāṃ)
(すべての諸金剛に礼拝する。ハーン。)

また、長い真言には、大咒(たいしゅ)、火界咒(かかいしゅ)と呼ばれる真言がある。

「ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン」
(namaḥ sarvatathāgatebhyaḥ sarvamukhebhyaḥ sarvathā traṭ caṇḍamahāroṣaṇa khaṃ khāhi khāhi sarvavighanaṃ hūṃ traṭ hāṃ māṃ)

その中間に位置する、中咒(ちゅうしゅ)、慈救咒 (じくしゅ)と呼ばれる真言も知られる。

「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」[3]
(namaḥ samantavajrānāṃ caṇḍa-mahāroṣaṇa sphoṭaya hūṃ traṭ hāṃ māṃ. [4]
(すべての諸金剛に礼拝する。怒れる憤怒尊よ、砕破せよ。フーン、トラット、ハーン、マーン。)

種子編集

種子(種子字)はカーン(हां、hāṃ) 、あるいはカンマーン(ह्म्मां、hmmāṃ) 

印相編集

  • 不動根本印
  • 不動剣印

三昧耶形編集

三昧耶形は利剣(倶利伽羅剣)、あるいは羂索。

起源編集

梵名の「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味し、全体としては「揺るぎなき守護者」の意味である。

「不動」の尊名は、8世紀前半、菩提流志(ぼだいるし)が漢訳した「不空羂索神変真言経」巻9に「不動使者」として現れるのが最初である[5]。『大日経』では大日如来の使者として「不動如来使」の名が見え、『大日経疏』では「不動明王」の語が使われている[5]。大日如来の脇侍として置かれる事も多い。

密教では三輪身といって、一つの「ほとけ」が「自性輪身」(じしょうりんじん)、「正法輪身」(しょうぼうりんじん)、「教令輪身」(きょうりょうりんじん)という3つの姿で現れるとする。「自性輪身」(如来)は、宇宙の真理、悟りの境地そのものを体現した姿を指し、「正法輪身」(菩薩)は、宇宙の真理、悟りの境地をそのまま平易に説く姿を指す。これらに対し「教令輪身」は、仏法に従わない者を恐ろしげな姿で脅し教え諭し、仏法に敵対する事を力ずくで止めさせる、外道に進もうとする者はとらえて内道に戻すなど、極めて積極的な介入を行う姿である。不動明王は大日如来の教令輪身とされる。煩悩を抱える最も救い難い衆生をも力ずくで救うために、忿怒の姿をしている。

起源をヒンドゥー教のシヴァ神とする説がある[6]

像容編集

密教の明王像は多面多臂の怪異な姿のものが多いが、不動明王は一面二臂で降魔の三鈷剣(魔を退散させると同時に人々の煩悩や因縁を断ち切る)と羂索(けんさく/けんじゃく。悪を縛り上げ、また煩悩から抜け出せない人々を縛り吊り上げてでも救い出すための投げ縄のようなもの)を持つのを基本としている(密教の図像集などには多臂の不動明王像も説かれ、後述のように日蓮は四臂の不動明王を感得しているが、立体像として造形されることはまれである)。剣は竜(倶利伽羅竜)が巻き付いている場合もあり、この事から「倶利伽羅剣」と呼ばれている。

また、その身体は基本的に醜い青黒い色で表現される像容が多い。頂は七髷か八葉蓮華、衣は赤土色、右牙を上に出し左牙を外側に出す、というのが一般的とされる。不動明王は多くの明王の中でも中心的な存在である。以下に典型的な像の形を示す。

  • 東寺講堂像(坐像) - 空海(弘法大師)の創意に基づくという意味で「弘法大師様(よう)」と呼ばれる像容。両目を見開き、上唇で下唇を噛み、両牙を下方に出すのが特徴。後世多く作られた、天地眼(片目を半眼にする)・牙上下出(牙を片方は上、もう片方は下に出す)の不動明王とは図像的に異なっている。[7]
  • 浪切不動(立像) - 高野山南院に伝わる、空海が唐から将来したと伝える像である。頭部を右下方に向け、右目を見開き、左目をすがめ、両牙を下に出す。空海が唐からの帰途、荒波に襲われた際にこの不動に祈ったところ波が去ったという伝説がある。[8]
  • 黄不動(立像) - 園城寺に伝わる画像で、円珍感得像と伝える。両目を見開き、上唇で下唇を噛み、両牙を上方に出す。上半身裸形、体躯は筋骨隆々として肥満し、虚空を踏んで立つ。[9]

インドで起こり、中国を経て日本に伝わった不動明王であるが、インドや中国には、その造像の遺例は非常に少ない。日本では、密教の流行に従い、盛んに造像が行われた。

また、日蓮宗系各派の本尊(いわゆる十界曼荼羅)にも不動明王が書かれている為、日蓮宗でも不動明王を奉安する寺院が存在する[注釈 3]愛染明王と同様、空海によって伝えられた密教の尊格であることから、日蓮以来代々種子で書かれている。なお日蓮の曼荼羅における不動明王は生死即涅槃を表し、これに対し愛染明王は煩悩即菩提を表しているとされる。

眷属編集

不動三尊編集

不動明王は、八大童子と呼ばれる眷属を従えた形で造像される場合もある。ただし、実際には八大童子のうちの2名、矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制吒迦童子(せいたかどうじ)を両脇に従えた三尊の形式で絵画や彫像に表されることが多い(不動明王二童子像または不動三尊像と言う)。三尊形式の場合、不動明王の右(向かって左)に制吒迦童子、左(向かって右)に矜羯羅童子を配置するのが普通である。矜羯羅童子は童顔で、合掌して一心に不動明王を見上げる姿に表されるものが多く、制吒迦童子は対照的に、金剛杵(こんごうしょ)と金剛棒(いずれも武器)を手にしていたずら小僧のように表現されたものが多い。

八大童子の彫像の作例としては、高野山金剛峯寺不動堂に伝わった国宝の像がよく知られる。この他に三十六童子、四十八使者と呼ばれるものがある。

また東寺のように五大明王と呼ばれる主要な明王の中央に配されることも多い。

八大童子編集

三十六童子編集

  • (1) 矜迦羅童子(こんがら)
  • (4) 光網勝童子(こうもうしょう)
  • (7) 智慧幢童子(ちえどう)
  • (10) 不思議童子(ふしぎ)
  • (13) 伊醯羅童子(いけいら)
  • (16) 阿婆羅底童子(あばらち)
  • (19) 法挟護童子(ほうきょうご)
  • (22) 小光明童子(しょうこうみょう)
  • (25) 僧守護童子(そうしゅご)
  • (28) 虚空蔵童子(こくうぞう)
  • (31) 戒光慧童子(かいこうえ)
  • (34) 善爾師童子(ぜんにし)
  • (2) 制吒迦童子(せいたか)
  • (5) 無垢光童子(むくこう)
  • (8) 質多羅童子(しったら)
  • (11) 羅多羅童子(あらたら)
  • (14) 獅子光童子(ししこう)
  • (17) 持堅婆童子(じけんば)
  • (20) 因陀羅童子(いんだら)
  • (23) 仏守護童子(ぶっしゅご)
  • (26) 金剛護童子(こんごうご)
  • (29) 宝蔵護童子(ほうぞうご)
  • (32) 妙空蔵童子(みょうくうぞう)
  • (35) 波利迦童子(はりか)
  • (3) 不動恵童子(ふどうえ)
  • (6) 計子爾童子(けいしに)
  • (9) 召請光童子(ちょうしょうこう)
  • (12) 波羅波羅童子(はらばら)
  • (15) 獅子慧童子(ししえ)
  • (18) 利車毘童子(りしゃび)
  • (21) 大光明童子(だいこうみょう)
  • (24) 法守護童子(ほうしゅご)
  • (27) 虚空護童子(こくうご)
  • (30) 吉祥妙童子(きっしょうみょう)
  • (33) 普香王童子(ふこうおう)
  • (36) 烏婆計童子(うばけい)

四十八使者編集

左方
  • (1) 倶哩迦羅龍王
  • (4) 天五母夜叉王
  • (7) 三十三天各各天王
  • (10) 修羅金縛王
  • (13) 多羅迦王
  • (16) 五天人散羅王
  • (19) 迦毘羅修法王
  • (22) 倶多遷化天王
  • (2) 健達藥叉王
  • (5) 初禪若干大梵王
  • (8) 阿迦尼多天王
  • (11) 大鉢沙羅王
  • (14) 牛頭密呪王
  • (17) 神母大小諸王
  • (20) 藥叉諸天王
  • (23) 火羅諸天王
  • (3) 尸棄大梵王
  • (6) 二三四禪大明王
  • (9) 央倶將迦羅王
  • (12) 拔苦婆多羅王
  • (15) 光火炎摩王
  • (18) 捶鐘迦羅大王(搥鐘迦羅大王とも音写する)
  • (21) 三界授天大王
  • (24) 皆攝持天王


右方
  • (25) 金剛修羅王
  • (28) 一切諸法受用王
  • (31) 護持諸法王
  • (34) 急急大小神天王
  • (37) 神王眷屬大智王
  • (40) 諸神皆得大王
  • (43) 迦葉大王
  • (46) 會集神王
  • (26) 神王引攝大王
  • (29) 迦葉大呪大士王
  • (32) 吽發多羅王
  • (35) 那縛迦羅王
  • (38) 摩登迦羅天人王
  • (41) 一一東西南北王
  • (44) 沙羅仙大神王
  • (47) 太一徳王
  • (27) 二十八宿諸大王
  • (30) 一一各有大士王
  • (33) 蘇小拔苦王
  • (36) 悉底地大士王
  • (39) 天地受用大明王
  • (42) 密呪受持王
  • (45) 莫呪大呪大明王
  • (48) 一切諸神王

経典・儀軌編集

日本撰択の主な経典編集

聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経 [注釈 4]
大日如来の大法会で普賢菩薩文殊菩薩衆生に向かって自らの感得した不動明王について教えを説き、大日如来がお墨付きを与えるという筋書き。
仏説聖不動経[注釈 5]
前述の経典の教えのエッセンスを短くまとめたもので、日本で成立したもの。不動明王自身が教えを説くという形式を採る。衆生の心の有り方は一様でない(悟りに到る道も個々によって異なる)ので心の中に住み(修行者自身が不動明王である)、各々に合わせて姿を変え願いを叶えるという内容が説かれている。
稽首聖無動尊祕密陀羅尼経[注釈 6]
印を結ぶ動作が加わるなど、密教色の極めて強いものとなっている。

以下四つは他の尊格や日本の神々をも代表する存在であるとした讃嘆経に類するもの。

  • 不動尊劔の文
  • 不動尊祈り経
  • 不動明王利益和讃
  • 五體加持

その他、関連するものとして

  • 五大力
  • 南無三十六童子
  • 南無八大童子

があるが、いずれも典拠は明らかではない。

日蓮宗の大曼荼羅御本尊、神札等における勧請編集

日蓮宗では、大曼荼羅御本尊に勧請され、題目「南無妙法蓮華経」の右側に種子「カーン」が大きく記載されるのが通例となっている。 また日蓮宗寺院が檀信徒に配布する大黒天烏蒭沙摩明王などの神札において、主神名の右側に種子「カーン」が記入される事例が多くみられる。

画像編集

不動明王を祀る主な日本の寺院編集

  • 宮城・松島瑞巌寺五大堂 (秘仏)木造不動明王坐像(五大明王のうち)(平安時代、重要文化財)
  • 栃木・三毳不動尊
  • 茨城・真浄寺(牛久不動尊)木造不動明王立像
  • 埼玉・總願寺(不動ヶ岡不動尊)
  • 埼玉・狭山山不動寺(狭山不動尊)
  • 栃木・寺岡山元三大師(寺岡山薬師寺)前身は聖徳太子の命よって建立され、『下野八薬師』と称されていたと伝えられている。
  • 千葉・成田山新勝寺 木造不動明王二童子像(鎌倉時代の後期 13世紀~14世紀の作、作者は不詳、重要文化財[12][13][14])。
  • 千葉・弘行寺(長生不動尊)木造不動明王立像(平安時代)
  • 東京・瀧泉寺(目黒不動尊)
  • 東京・薬研堀不動院 江戸期より江戸三大不動と称されており、現在は川崎大師別院
  • 東京・金剛寺(高幡不動尊) 木造不動明王二童子像(平安時代、重要文化財)
  • 神奈川・大山寺 鉄造不動明王二童子像(鎌倉時代、重要文化財)
  • 富山・日石寺 不動明王坐像(凝灰岩磨崖)(平安時代、重要文化財)
  • 石川・倶利迦羅不動寺 倶利伽羅不動明王
  • 福井・圓照寺 木造不動明王立像(平安時代、重要文化財) 
  • 滋賀・延暦寺 木造不動明王立像(鎌倉時代、重要文化財)
  • 滋賀・石山寺 木造不動明王坐像(平安時代、重要文化財)
  • 滋賀・西明寺 木造不動明王立像(平安時代、重要文化財)
  • 京都・東寺講堂 木造不動明王坐像(五大明王のうち)(平安時代、国宝
  • 京都・東寺御影堂 木造不動明王坐像(平安時代、国宝 秘仏)
  • 京都・鹿苑寺(金閣寺) 石造不動明王像
  • 京都・同聚院(東福寺塔頭) 木造不動明王坐像(平安時代、重要文化財)
  • 奈良・東大寺旧法華堂 木造不動明王二童子像(南北朝時代、重要文化財)
  • 奈良・新薬師寺 木造不動明王二童子像(平安時代、重要文化財)
  • 奈良・唐招提寺 木造不動明王像(江戸時代、重要文化財)
  • 奈良・長谷寺 木造不動明王坐像(平安時代、重要文化財)
  • 大阪・観心寺 木造不動明王坐像(南北朝時代、重要文化財)
  • 大阪・瀧谷不動明王寺 木造不動明王二童子像(平安時代、重要文化財)
  • 和歌山・金剛峯寺 木造不動明王立像(平安時代、重要文化財)
  • 和歌山・金剛峯寺(護摩堂) 木造不動明王坐像(鎌倉時代、重要文化財)
  • 和歌山・高野山南院 木造不動明王立像 (波切不動)(平安時代、重要文化財)
  • 兵庫・明王寺 不動明王坐像
  • 兵庫・神呪寺 木造不動明王坐像 (平安時代、重要文化財)
  • 鳥取・不動院岩屋堂 木造不動明王像 (黒皮不動)(伝平安時代)
  • 香川・成田山聖代寺 不動明王坐像
  • 熊本・天台宗雁回山長寿寺 木造不動明王像(金錦不動、火伏不動、水引不動)(伝延暦年間782~805)
  • 沖縄・安国寺 木造不動明王像

三不動編集

  • 黄不動-滋賀・園城寺(三井寺)蔵 絹本着色不動明王像(国宝)
  • 青不動-京都・青蓮院蔵 絹本着色不動明王二童子像(国宝)
  • 赤不動-和歌山・高野山明王院蔵 絹本着色不動明王二童子像(重要文化財)

他説もある。特に広辞苑等では「三不動」として以下の組み合わせが併載されている。

五色不動編集

  • 目黒不動 - 瀧泉寺
  • 目白不動 - 金乗院
  • 目赤不動 - 南谷寺
  • 目青不動 - 教学院
  • 目黄不動 - 永久寺
  • 目黄不動 - 最勝寺

関連霊場編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 五大尊のうち不動明王
  2. ^ 「アチャラ」は動かない、「ナータ」は守護者の意。[1]
  3. ^ 日蓮は清澄寺や延暦寺で密教を修めている。日蓮は建長6(1254)年6月25日、愛染明王を太陽の中、立像で腕が四本の不動明王を月の中に感得したとして「不動愛染感見記」(国重文)を書いた。「不動・愛染感見記」一考(尚、この感見記には偽書説もある)また、日蓮の御書には度々不動明王が登場し、「法華経の前触れである無量義経は皇帝の行列の前を清める将軍のような教典であり、不動明王の剣索・愛染明王の弓箭のようなものだ」(上野殿母尼御前御返事)と述べており、法華経守護と悪魔降伏の仏として自筆の曼荼羅には不動明王を必ず書いている。
  4. ^ この経典の読みは、「しょうむどうそん だいいぬおう ひみつだらにきょう」となる。
  5. ^ この経典の読みは、「ぶっせつ しょうふどうきょう」となる。
  6. ^ この経典の読みは、「けいしゅ しょうむどうそん ひみつだらにきょう」となる。

出典編集

  1. ^ 羽田 2016, p. 48.
  2. ^ 「不動明王」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  3. ^ 不動明王御真言 大本山成田山 久留米分院
  4. ^ 秋山学呉音から西洋古典語へ : 第1部 印欧語文献としての弘法大師請来密教経典』、文藝言語研究. 言語篇 61巻、筑波大学文藝・言語学系、2012年3月、45頁。
  5. ^ a b 頼富本宏『曼荼羅の鑑賞基礎知識』至文堂、1991年、95頁。
  6. ^ 不動信仰事典 宮坂宥勝編集 p.297戎光祥出版
  7. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』65、朝日新聞社、1998、p.138
  8. ^ 松永有慶『高野山』(岩波新書)、岩波書店、2014、pp.195 - 196
  9. ^ 末吉武史「三井寺の不動明王像」、大阪市立美術館ほか編『国宝三井寺展』(展覧会図録)、2008、所収、p.226
  10. ^ a b c d e f g h 「八大金剛童子」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  11. ^ a b 「不動明王」 - 精選版 日本国語大辞典、小学館。
  12. ^ 国指定文化財等データベース(文化庁)[1][2]
  13. ^ 『解説版新指定重要文化財 彫刻』、毎日新聞社
  14. ^ 千葉県教育委員会ホームページ

参考文献編集

  • 大法輪編集部『不動さま入門』大法輪閣〈大法輪選書〉、1981年11月。ISBN 978-4804650043
  • 渡辺照宏『不動明王』朝日新聞社出版局〈朝日選書〉、1975年4月。ISBN 978-4022591357
  • 松原哲明、三木童心『やさしい仏像入門』新星出版社、1999年5月。ISBN 978-4405075634
  • 宮坂宥勝 著 『講説 理趣経』 -『理趣釈』併録-、四季社、平成17年刊。
  • 飯島太千雄 写真・文 『新出・空海請来上表』(墨美№286)、墨美社、1978年刊。
  • マルティン・ブラウエン 著 『【図説】曼荼羅大全』、森雅秀 訳、東洋書林、2002年刊。
  • 金剛峯寺 編 『いのちつながる』-松長有慶講演集- 、高野山真言宗総本山金剛峯寺開創法会事務局、平成24年刊。
  • 中川善教 著 『中院流諸尊通用次第撮要』、親王院、昭和63年(1988年)刊。
  • 稲谷祐宣 編著 『普通真言蔵』全2冊、浄厳 原著、東方出版社、1981年刊。
  • 下泉全暁 『不動明王 智恵と力のすべて』 春秋社、2013年 ISBN 978-4-393-11908-2
  • 羽田守快『読むだけで不動明王から力をもらえる本』大法輪閣、2016年8月。ISBN 978-4804613864
  • 寶珠山 大観音寺

関連項目編集

外部リンク編集