制多迦童子

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
制多迦童子(伝運慶作、金剛峯寺

制多迦童子(せいたかどうじ)[1]、梵名チェータカ(Ceṭaka[2]) は、不動明王の眷属、八大童子の第8番目である。


目次

概要編集

不動三尊において、矜羯羅童子(こんがら Kiṃkara)と共に不動明王の脇侍を務める。通常は不動明王の右(向かって左)に位置する。

「制多迦」とは、サンスクリットで奴僕や従者を意味する。

十五歳ほどの童子の姿をしており、五智如来における「五智」示す五髻を結び、肌は紅蓮色である。左手には金剛杵、右手には金剛棒を持つ。瞋心悪性であり、袈裟は着けず、天衣のみを頸と肩に無造作に巻きつけている。

真言・種子・三昧耶形編集

真言編集

「オン ガルマ セイタカ ウンハッタ ナン」
(oṃ karma śaiṭak ūṃ phaṭ ṇāṃ)

種子編集

種子(種子字)は(ṭ)、あるいはセイ(śai)、またはセイタカ(śaiṭak)。

三昧耶形編集

三昧耶形金剛杵、あるいは金剛棒

関連項目編集

参照文献編集

  1. ^ 村上重良 『日本宗教事典』、1988年ISBN 1-06-158837-0,p.246
  2. ^ 新潮社 『新潮世界美術事典』 新潮社、1985年ISBN 4-10-730206-7p.1266, 「不動明王」の項