メインメニューを開く

八里橋の戦い(はちりはしのたたかい)は、北京に程近い戦場で発生したアロー戦争での戦いの1つである。当時の戦況は清軍劣勢で、清軍は大沽砲台より敗走していたが、西洋軍の歩調は速く、清軍の直前まで進軍していた。1860年9月、八里橋での戦闘がはじまり、最終的にイギリスとフランス軍が勝利した。八里橋が陥落したことにより、北京への道が開けた。

八里橋の戦い
French attack the Bridge, Pa-Li-Chian, 1860.jpg
橋前へ進攻したフランス軍、ロンドン・ニュース
戦争アロー戦争
年月日:1860年9月21日(当日終了)[1]
場所北京八里橋
結果イギリス軍フランス軍の大勝
交戦勢力
Flag of China (1862–1889).svg 大清帝国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス帝国
指導者・指揮官
Flag of China (1862–1889).svg センゲリンチン Flag of the United Kingdom.svg James Hope Grant
Flag of France.svg Charles Cousin-Montauban
アロー戦争

イギリスとフランス軍は、当時としては最新の武器であるアームストロング砲斉射戦術を使用して[2]、清軍の騎兵隊を打ち払った。戦闘は瞬く間に終了し、清朝の咸豊帝熱河避暑山荘へ逃亡した。

脚注編集

  1. ^ (中国語)第十三章 八里桥战役(1)”. 新浪读书 (2008年3月22日). 2011年7月29日閲覧。
  2. ^ (中国語)第十三章 八里桥战役(2)”. 新浪读书 (2008年3月22日). 2011年7月29日閲覧。