メインメニューを開く

氷川神社 (目黒区八雲)

日本の東京都目黒区にある神社
八雲氷川神社から転送)

歴史編集

創建年代は不明である。衾村で代々名主を務めた栗山家に伝わる安政2年(1855年)6月の『宝暦歳代記』に宝暦7年(1757年)7月鳥居建立の記事が残ることから[1]、少なくともこれ以前である。同家所蔵の宝暦12年(1762年)の村絵図にも記載がある[2]。文化文政期成立の『新編武蔵風土記稿』には「草創の年歴詳ならず。されど境内のさまを見るに、年ふる松樹、その余諸木繁茂して、いかにも旧き社地と見えたり。」とある[3]

大正時代には毎晩12時頃から明け方3時頃にかけてこの木から呻き声が聞こえると話題になり、氷川様の呻り樫と呼ばれた[4]

社殿編集

  • 社殿 - 安政4年(1857年11月15日改修。
  • 拝殿 - 文化14年(1817年9月19日改修。当初藁葺だったが、戦後になり雨漏りが酷く、銅板葺で凌いでいたが、昭和51年(1976年)江中建設により全面的に改修、9月18日に落成式を行った。
  • 摂社後宮 - 創建年代は不明。足名槌命手名槌命倉稲魂命を祀る。昭和57年(1982年4月9日放火により焼失、同年再建された。
  • 赤樫 - 皮を煎じて飲むと癪封じに効があると伝えられ、参拝者により皮が剥がされた結果、現在根本のみ残存している。

金蔵院編集

金蔵院
所在地 東京都目黒区八雲二丁目4番26号
山号 氷川山
宗派 真言宗智山派
本尊 大日如来像
創建年 慶長5年(1600年)頃
開基 頼栄
正式名 氷川山金蔵院虚空蔵寺
札所等 玉川八十八ヶ所霊場53番
文化財 木造不動明王及び両童子立像(区指定有形文化財)
法人番号 6013205000155
テンプレートを表示

氷川神社西隣にある寺院で、江戸時代には氷川神社別当寺であった。慶長5年(1600年)頃に頼栄が創建、享保年間に俊海が本堂を再建した。旧等々力満願寺末寺。文久2年(1862年)より別当不在で、存立が危ぶまれたが、明治に再興された。

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集