メインメニューを開く

公劉(こうりゅう、生没年不詳)は、伝説的なの先王。鞠の子にして、后稷の曾孫。戎狄の間で生活し、農耕にはげんだ。『詩経』大雅・篤公劉に讃えられた。

生涯編集

不窋(ふちゅつ)[1]の末年より、夏后氏[2]のもとを離れて戎・狄[3]の間に住むようになった后稷の一族は、その孫の公劉の代になり、ふたたび后稷の業を修めて農耕に務めるようになった。また、公劉は各地を巡って漆水・沮水から渭水を渡って材木を調達し、用にあてた。このため民は富んで、行く者は資材を持ち、居る者には貯蓄がありと、百姓は彼の徳になついて他国から移ってくる者も多かった。

周朝が始まったのもまさにこの時とされ、詩人が公劉の徳を思い、歌い楽しんだ[4]のもそのためだという。

脚注編集

  1. ^ 公劉の祖父で后稷の子。
  2. ^ 夏王朝。
  3. ^ はともに西方および北方の異民族。遊牧生活をしていた。
  4. ^ 詩経』大雅の篤公劉のこと。

参考資料編集

  • 史記』(周本紀第四)