日本六古窯(にほんろっこよう)とは、日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つのの総称。

常滑灰釉壺 平安時代
個人蔵 重要文化財

意義編集

朝鮮半島中国からの渡来人の技術によって開始された近世からの窯から区別される。

小山富士夫の命名。圧倒的なシェアを占める美濃焼は含まれない。美濃焼以外にも伝統的な焼物があることを紹介する目的で「六古窯」を選別したためである。

産地編集

日本六古窯サミット編集

六古窯産地の首長が一堂に会し、シンポジウムや交流事業などを行うサミット。1988年昭和63年)篠山で第1回目のサミットが開かれ、過去に14回開催されている。直近では2017年平成29年)12月に越前で開催された。

関連項目編集