六郷政殷

江戸時代後期から末期にかけての大名

六郷 政殷(ろくごう まさただ)は、江戸時代後期の大名出羽国本荘藩10代藩主。官位従五位下伊賀守佐渡守筑前守

 
六郷政殷
時代 江戸時代後期
生誕 文政11年(1828年
死没 文久元年3月14日1861年4月23日
改名 佳之助(幼名)、政和
戒名 賢良院湛岳鳶水
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下伊賀守佐渡守筑前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
出羽本荘藩
氏族 六郷氏
父母 六郷政恒
六郷主水
岡部長和養女・賀子
政鑑
テンプレートを表示

略歴編集

文政11年(1828年)、9代藩主・六郷政恒の次男として誕生。母は側室。正室は岡部長和養女・賀子(貞寿院、岡部長慎娘)。

文政13年(1830年)2月24日、分家である家臣・六郷主水の養子となる。天保10年(1839年)3月18日、本家を継ぐはずだった長兄が早世したため、本家に戻る。天保12年(1841年)4月18日、父・政恒の嫡子になる。同年8月15日、12代将軍・徳川家慶に拝謁する。同年12月13日、従五位下伊賀守に叙任する。後に佐渡守、筑前守に改める。弘化5年(1848年)2月22日、父・政恒の隠居により、家督を相続した。

嘉永4年(1851年)3月13日に城下町で大火が起こってその救済に務めるなど、藩財政は苦しかった。

文久元年(1861年)3月14日、死去。享年34。跡を長男・政鑑が継いだ。