メインメニューを開く

共伯(きょうはく、紀元前?年 - 紀元前813年)は、の第10代君主。釐侯の子。姓は姫、名は余。

共伯 姫余
第10代伯
王朝
在位期間 紀元前813年
都城 朝歌
姓・諱 姫余
諡号 共伯
生年 不詳
没年 紀元前813年
釐侯

生涯編集

釐侯の子として生まれる。

釐侯が即位42年(前813年)で卒去すると、子の姫余が立った。

姫余の弟である姫和は、釐侯に寵愛され、財貨を多く与えられており、それで士を手なずけて姫余を父の墓地で襲った。襲われた姫余は墓道に入って自殺してしまう。そこで衛の人たちはこれを釐侯のそばに葬って共伯と諡し、姫和を立てて衛君とした。

参考資料編集