内田 実久(うちだ さねひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将秋月氏の家臣。高鍋藩家老

 
内田実久
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文7年(1538年
死没 元和3年(1617年
別名 通称:善兵衛
主君 毛利元就秋月種実種長
日向高鍋藩家老
氏族 内田氏
兄弟 壱岐守実久
彦太郎四郎右衛門仁右衛門
萱島善右衛門板浪帯刀白井種盛
秋月種正
テンプレートを表示

生涯編集

永禄2年(1559年)、筑前国秋月種実大友宗麟に敗れ、毛利氏を頼って周防国へ逃れた際、これを迎えて邸を提供したのが、実久の兄・内田壱岐守であるという[1]。実久は、種実の旧領回復の際に毛利氏からの援軍を指揮して功が有り(休松の戦い)、それ以降は秋月氏の宿将の一人となって、筑前左右良岳城(麻底良城)の城主に任じられた。

天正15年(1588年)、豊臣秀吉九州平定により秋月氏が日向国財部(後に高鍋)へ移封された際には隠居料500石を拝領し、戦乱で壊滅していた新納院高城の復興に尽力した。

元和3年(1617年)に死去した。享年80。家督は長男・彦太郎が天正14年(1587年)の岩屋城の戦いで戦死していたため、次男・四郎右衛門が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 秋月氏の史料である『本藩実録』では、壱岐守と実久は改名した同一人物ではないか、ともする。

参考文献編集