メインメニューを開く

内田 義晃(うちだ よしあき)は、日本の元フルコンタクト系空手選手で、テコンドーWTF指導員である。極真空手を経て、現在は「テコンドー T.K.D」の京都・滋賀支部長。

来歴編集

極真会館(松井派)京都支部に入門、川畑幸一の弟子となる。

2005年第37回オープントーナメント全日本空手道選手権大会では市村直樹ら強豪選手を退け、決勝では塩島修を破って初優勝[1]。 翌2006年の第38回全日本選手権でも決勝でアルトゥール・ホヴァニシアンを下して優勝し、2連覇を果たした。

現在は、テコンドーに転向し、後進の指導に当たっている。

主な成績編集

フルコンタクト空手(極真会館)編集

  • 第22回全日本ウェイト制空手道選手権大会 重量級 3位(2005年6月4日-5日)
  • 第37回全日本空手道選手権大会 優勝(2005年11月5日-6日)
  • 第38回全日本空手道選手権大会 優勝(2006年11月18日-19日)
  • 第9回全世界空手道選手権大会 4回戦進出(2007年11月16~18日)

テコンドー(WTF)編集

  • 第5回全日本テコンドー選手権大会西日本地区大会 +87Kg 優勝(2011年10月2日)
  • 第5回全日本テコンドー選手権大会 +87Kg 3位(2012年2月26日)
  • 第7回全日本テコンドー選手権大会 +87Kg 3位(2014年3月2日)
  • 第8回全日本テコンドー選手権大会 +87Kg 優勝(2015年3月22日)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集