内藤忠俊 (図書助)

内藤 忠俊(ないとう ただとし、生没年不詳)は、江戸幕府旗本内藤右京進正成長男。通称:新五郎、図書助。弟妹に内藤織部正正成内藤正重室、鈴木伊直室、揖斐政景室。子に内藤正信室。

 
内藤 忠俊
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 新五郎、図書助
官位 従五位下飛騨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
氏族 内藤氏藤原北家秀郷流
父母 父:内藤正成、母:不詳
兄弟 内藤正成内藤正重室、鈴木伊直室、揖斐政景
正室:素性不詳
内藤正信
テンプレートを表示

経歴編集

武蔵国栢間領第 3代領主。父の遺領5000のうち、2000石を弟の織部正正成に分知する。書院番となるが、長年の不正を理由に寛永8年(1631年)2月4日に改易となる。のちに内藤正成(四郎左衛門)の三河以来の武功が評価され、忠俊の妹が内藤正重(外記)に嫁し名跡を継いだ。